«
»

維新は、特定枠の廃止と参議院議員定数削減の先頭に立ってみては如何?

本気で日本の統治機構改革に取り組んでくれる政党は、維新だろうと思っている。
政権与党の自公は、基本的に既得権者の擁護に回らざるを得ないだろうから、よほどのことがない限り自ら改革の先頭に立つことはないはずである。

大阪維新が大阪府と大阪市で実現した改革のマインドを「維新」(日本維新の会)が正しく承継していくのであれば、日本の統治機構改革を推進する保守の政党は維新以外にない、ということになる。

国会議員の定数削減が求められている時代にも関わらず、自公は率先して参議院議員の定数を増やしてしまった。
これに反対した政党は、維新だけだったと聞いている。

何のかんの言いながら、統治機構改革を本気で推進する政党は維新以外にない、ということだ。

しかも、あの特定枠を導入してしまった。
これが如何に筋悪の仕組みだったか、ということはいずれ明らかになるはずだ。

その時が、維新の出番である。

維新と大阪維新の関係がこれからどうなっていくのかよく分からないが、どういうことがあっても維新には日本の統治機構の改革に向けて、精一杯頑張ってもらいたい。


「早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称早川学校」ブログより転載
https://ameblo.jp/gusya-h/

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。