■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    れいわ新選組の二人の国会議員は国民から選ばれたのか?

     敢えてタブーに切り込みます。

     身体障碍者のことはなかなか言いにくいのが今の世ですが、れいわ新選組の新国会議員の木村英子氏の記者会見を聞いていてとても違和感をいだきました。

     私は小学校のころ両足まひの友人がいて一緒によく遊びました。両足マヒと言っても足を固定するギブスをすると自足歩行が可能だし、小学校低学年のころなので、思いやり何て言う気持ちはなかったので、M君と普通に遊んでいました。

     走っても一所懸命は走ってちょっと待ってあげれば、息を切らしながら私たちについてくるのです。

     鬼ごっこでも決して特別扱いはせず、普通にしていました。

     何十年も経ってからM君のお母さんが母に言っていたのを聞いたのですが、「障碍者の我が子と普通に一緒に遊んでくれたのがとても嬉しい」といつも言われていたそうです。

     子供ですから、そんなことは全く知りません。でも、普通に一人の仲のいい友達として遊んでいただけのことです。

     その後、M君は両足を手術してギブスなしで歩けるようになったそうですが、私が学校を転校したのでその後の消息は知りません。

     でも、その時のことが今でもずっと残っています。特別視せずに普通の友達として接するのが当たり前だと今でも思っています。

     それが私の身体障碍者に接する原体験です。

     M君は両足に重いギブスを装着しながらも、一所懸命に走って私たちと一緒に遊ぼうとしていました。時々待ったりしてあげたこともあります。でも、他の友達と全く変わらずに接していました。

     学生時代に国際障碍者年(1981年)というのがあって、そのスローガンが「完全参加と平等」でした。英語でFull Participationと書いてあり、その意味を調べました。すると健常者と一緒に障碍者も普通にいろんなことをすることだと定義されており、なんだ私が昔していたことかと納得したことがあります。

     その時に、英語で宣言を読み、アメリカ人のボランティア活動をされていた人に聞いたのです。

     のちに日本語で読み、日本人の関係者に聞いたのと違うというのがとても心に引っかかっていました。

     アメリカ人のキリスト教関係者から聞いた時は、「自分たちは全く特別扱いをされるのではなく、普通の人として扱ってもらうことを望んでいる」という意味だと教えてもらいました。

     でも、日本の障碍者団体の人からは、障碍者の人がどこにでも行けるように健常者が手助けすることだと言われたのです。

     アメリカ人や日本人の違いではなく、その人たちの個人的会社の違いかもしれません。

     高校生の時、ちょっとあこがれの女子大生からさそわれて、脳性麻痺の子供たちがいる施設にボランティアに行ったことがあります。ちょっとスケべ心がありました。しかしそこでとてもショックを受けました。

     年齢的には同じくらいですが、知能の発達が遅れている人たちだったので、今考えれば話したいことがたくさんあるのに話せないもどかしさがあったのでしょう、急に大きな声を出したり、興奮したりしてちょっと正直な話怖かったです。

     15前後の女の子が同年代だった私をとても気に入ってくれたらしく、途中からずっと手を繋がれていました。当時は今より20キロもやせていて、髪の毛もふさふさだったので、結構モテた時期でした。

     帰る時間になっても手を放してくれませんでした。ほかのボランティアの学生さんから、「〇〇子はとても井上君のことを気に入っているね」とからかわれた経験があります。

     ただそこから大学でのクラブ活動が忙しくなり、そういう施設へのボランティア活動は一切していません。

     そういうボランティア活動をしている人たちを見るとその大変さが少しわかるので、いつも頭が下がります。

     予備校時代に通っていて教会のバイブルクラスにいた脳性麻痺の女性から 「好き好んで障碍者に生まれたのではない。普通に生まれたかった」と涙ながらに話しを聞いたこともあります。私より年上でしたが、体は中学生くらいしかありませんでした。

     その人と親しい人から、その人は以前自殺未遂をしたこともあると聞いて心が痛みました。テンポよくいっしょに会話できないので、心の片隅で邪魔だなと思ったことがあったからです。

     でも、それから40年以上、困った人がいたら自分のできる範囲で助けてあげようと心に決め、いつも行動しています。

     大学時代に一つ上の先輩に両足マヒの女性がいました。とても気が強く、頑張り屋さんで、とても尊敬していました。

     福岡市内の西南大学から郊外の福岡教育大学でのスピーチコンテストがあり、一緒に行きました。当時は今のようなバリアフリーなどなく、国鉄は階段の上り下りが健常者でも大変でしたが、両足がマヒされて、ギブスと松葉杖のその先輩はとても大変そうでした。

     それでも、気丈についてこられるので、最低限の気遣いだけしていましたが、電車の発車時刻に間に合いそうになくなりました。

     「先輩、俺がおんぶするから乗って!」というと、「私は次ので行くからいい。置いていって」と言われましたが、田舎の国鉄です。次の電車までゆうに30分はありました。

     「早く乗って」と言って、松葉杖や荷物を他の人に持ってもらい、おぶって階段を降り、事なきを得ました。

     その女性の先輩は、とても恥ずかしそうに、でも嬉しそうに「ありがとう、たすかった」と言ってくれました。私は小学校のころの体験があるので、特別なことをしたなんて思いもせずに、でも嬉しそうに言ってくれる尊敬する先輩の顔を見てうれしかった思い出があります。その後、その先輩は結婚をされたところまで知っています。

     東京で勤務している時、電車によく乗りました。すると目の見えない人が階段を降りようとされている時は、声をかけ、必要なら私の二の腕をつかんでもらって私が先にゆっくり下りていくようにしたりしていました。

     これが私の障碍者に対する基本的な姿勢です。それを知ってもらいたくて長々と書きました。

     しかし、これが国会議員となるとちょっと違うのです。

     国会議員は私たち国民のために寸暇を惜しんで働いてもらわねばなりません。全国比例ならば、全国を問題意識を持つ事柄のために東奔西走して少しでも同じ悩みを持つ人たちのために働いてもらわねばなりません。

     八代英太元議員のように、ちょっとの手助けがあれば自分の目で見て、自分の頭で考え、そして国会議員がここが大事なのですが、自分の言葉で語らねばならないと思っています。

     だからこそ、年間一億もの諸経費を払って国会議員をしてもらうのです。

     野党の議員を始め、その歳費に見合うだけの動きをしていない議員も散見されますが、一応発信力はあり、それを支持している人もいるので、仕方ないと思っています。

     れいわ新選組が得た票は228万票です。山本太郎が99万票も集めて落選しました。

     調べてみるとALSの船後さんは4165票、そして木村さんは5211票しか入っていません。

     特定枠という特別な制度があったから、この二人は国会議員になりましが、介助人制度がなければ、8月1日に登院ができないと記者会見をしていてなんかもやもやしたので、これを書いています。

     重度の障碍者なので日本国民の一人として健康に生きる権利があります。これには全く否定もしませんし、わが国にそういう方を助けることができる制度があることを誇りに思います。

     しかし、それが国会議員となって家の外に出るとなれば、話が変わるそうです。つまり収入のない重度の障碍者が経済的活動をするときには、この制度は適用されないとのことです。

     記者が質問していましたが、自費でそれをすると一か月に百万ほどかかるそうです。

     木村さんはその答えに「私は払えません、低収入ですから」と答えていました。

     ????今後は国会議員として普通の人以上の給料をもらうのに、なぜそれを言うのか不思議に思いました。

     今までは無理にしても今からは払えるならば、自分で払うべきでしょう。

     自分で進んで国会議員になろうと思ったのなら、そういうリスクも負うべきではと思ったのです。

     それを進んでしながら、同じような病気を持った人のために国会議員としての仕事をこなしていれば、普通の日本国民は「助けてあげよう」という気持ちが起きると思います。

     でも、自分で国会議員になるという選択をしておきながら、そういう制度を今切られたら、登院できないというのは、おかしな理屈ではないでしょうか。

     たまたま私の周りの障碍者の人たちが、自分で何とかするという独立不羈の精神を持った人ばかりだったので、そう思うのかもしれませんが、この人たちは甘えているように思えてなりません。

     その時の記者会見の席上、船後さんへの記者からの質問に答えたのは、介助人でした。

     「船後さんの目が「はい」を見ていました」と介助人が言ったのです。それは本人の意思と違っても誰も文句を言えません。

     それでも、この二人が10万票とかの応援する票を取ってからの当選なら仕方ないと思いますが、4165と5211と二人足しても1万票も行かず、山本太郎に入れた99万票の死に票のおかげとルールの意図的な目的での悪用で当選したのです。

     私はどうも納得できません。

     私は障碍者差別を言っているのでしょうか?

     人間は生まれてきたからには幸福を追求する権利があると思います。特に日本という世界でも恵まれた国の国民ですから、当然のことだと思います。

     でも、この二人の当選、そして登院をする前からこんな具合では、国会議員としての資質を疑います。

     もちろん、他の国会議員にも精神的に資質がないと思われる人もたくさんいますが、それ以前のものだと思います。

     山本太郎という国会議員のアドバイザーとしてれいわ新選組という党から顧問料をもらって、障碍者のための意見を言い、それを山本太郎が実現していくというのは普通の形態だと思います。

     それなら、私も山本太郎は大嫌いですが、船後さんと木村さんの役割は十分に認めることができると思います。

     でも、自分の世話もできない人間がどうして他人のことをお世話することができるのでしょう?

     私はこの二人の障碍者の人格や存在を否定しているわけではありません。国会議員としての資質に疑義を抱いているだけです。

     私は国会に厳格な法の運用と、そしてこのお二人の国会議員としての日々の行動をきちんと見守っていきたいと思っております。

     私は障碍者差別をしているでしょうか?


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    39

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。