■連載一覧
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 長谷山 崇彦
    長谷山 崇彦
    農学博士
    乾 一宇
    乾 一宇
    元防衛研究所研究室長
    加瀬 みき
    加瀬 みき
    米政策研究所
    茅原 郁生
    茅原 郁生
    中国安全保障
    濱口 和久
    濱口 和久
    防衛レーダー
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    小松 正之
    小松 正之
    東京財団上席研究員
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    新田 容子
    新田 容子
    サイバー安全保障
    岡田 真理
    岡田 真理
    フリーライター
    杉山 蕃
    杉山 蕃
    元統幕議長
    竹田 五郎
    竹田 五郎
    元統幕議長
    田村 重信
    田村 重信
    元自民党政務調査会審議役
    上岡 龍次
    上岡 龍次
    戦争学研究家
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長

    亥年現象は憲法改正を不可能にしたか?

     選挙分析の世界で亥年現象という言葉がある。12年に一度巡って来る亥年は参議院選挙の投票率が低下するというものである。その原因は春に統一地方選挙が行われるため、国政選挙の実働部隊でもある地方議員が、自分の選挙が終わった直後なので、参議院選挙のために積極的に動かないことにあると言われている。これは多くの地方議員を抱える自民党に、最も大きな影響が出ることは言うまでもない。

     今年の参議院選挙で自民党の議席が伸びず憲法改正に必要な3分の2の議席を失った理由を、この亥年現象に求める考え方もあると思う。それは正しいか?もう憲法改正は不可能に近くなったのか?詳しい数字に基づいて考えてみたいと思う。

     まず、この亥年現象は無党派層には関係のないもののように思われるかも知れない。だが特に無党派層が増加し始めた80年代くらいから、無党派層の投票率にも大きな影響が出るようになった。これは一つには選挙が過熱すれば、無党派層も投票に行きたくなるという心理的効果があるだろう。もう一つには80年代型の無党派層は、左翼政党に愛想が尽きて離反し、相対的な自民党支持だったという問題も小さくないだろう。

     だが21世紀に入ってから、無党派層が反自民寄りになったという人もいる。そうだとして、その理由は分からないが、一つには小泉構造改革による貧富の差の拡大等があったのかも知れない。

     そのせいか2007年の参議院選挙で一人区だけを見ても、民主党に無党派層の票を半分近くも取られた自民党は、歴史的な大敗北を喫している。但し2007年は今年と同じ亥年だったが、自民党への批判が高かったからか、むしろ投票率は上昇している。そして地方議員の稼働率が良くなかった筈にも関わらず、自民党は無党派層の票の2割以上は取れている。

     やはり無党派層は自民党を見放してはいなかったのではないか?私的な話だが2009年の解散総選挙では、ほとんど政治に関心のない複数の知人から“自民党に一度は下野してもらった方が良いと思うけれど、どうでしょう?”という相談(?)を何回か受けた。その同じ人々が投票1週間前の各メディアの自民党大敗という予測調査の結果を見て“比例区だけでも自民党に入れようか?”と言い出し始めた。その結果として2009年の解散総選挙では、自民は事前予測の80議席の1.5倍の120議席を取ることが出来た。

     しかし何れにしても民主党政権なるものが出来てしまった。だが見事に自滅してくれた。

     それを見ていた若い世代が、再び有力な自民党系無党派層になった。2019年7月時点で、50代以上の無党派層の自民党支持率は10%台半ばなものの、40歳未満の無党派層は30%近く自民党を支持している。

     そのためか2013年の参議院選挙では一人区だけ見ても、民主党系は20%未満しか無党派層の票が取れず、それに対して自民党は4割以上も無党派層の票を取り圧勝した。この年、全体で自民党は65議席、公明党は11議席で、合計77議席。維新の党とみんなの党が8議席づつ、民主党は17議席だった。因みに共産、社民と諸派を合わせると12議席なので、オール反自民勢力は単純計算して29議席。本当に歴史的圧勝だった。

     しかし2016年、当時の野党が32ある一人区で統一候補を立てる戦略に出て、その結果として無党派層の半分以上の票を取った。自民党は3分の1程度だった。

     それでも野党が取った議席は11。自民党は21。しかも野党統一候補の内6人が5%未満の僅差で自民党に勝ったに過ぎなかった。

     なお同年、自民党と公明党は全体では70議席、維新の党が7議席、共産党が6議席。民進党と名前を変えた民主党は32議席だった。

     このように一人区における野党統一等の試みがあったにも関わらず、その野党が特に共闘した一人区で意外に脆弱だったのは、やはり投票率の影響ではないか?2013年には52%程度だった投票率が、2016年には54%と微増。特に民主党政権の失敗を目の当たりにした10代の若者も、この年から選挙権を得たことは、小さいことではなかったかも知れない。

    600

    (引用元: https://digital.asahi.com/articles/photo/AS20190720002420.html )

     但し2010年までの日本では、亥年以外は60%くらいの人が投票に来ていたのである。いかに民主党政権の失敗に失望した特に若者の相対的に自民党支持的な無党派層が多いか?その人々を投票に参加させることが自民党にとって重要か?その事実を以上のようなデータから垣間見ることが出来る。

     今年も亥年であった。そのため投票率は同じ亥年で反自民党政党の躍進を許した1995年の44%に次ぐ48%と非常に低いものであった。そのため自民党および連立を組む公明党そして憲法問題も含めて政策的に近い維新の党の議席は伸び悩み、2016年に3党で得た憲法改正に必要な3分の2議席に4議席足りない結果となった。

     それでも自民党と公明党は6年前と6議席足りなくても3年前よりは1議席多い71議席を得ている。(正確には自民党は3年前より選挙区で9負けて比例で1増やしている。公明は3年前より3増やしている。)維新の党は6年前より2議席増やして10議席を得ている。因みに反自民党系は約34議席で、この内の旧民主党系の立憲民主は17議席、国民民主は6議席。

    これは6年前と比較して見ると要するに自公が失った6議席前後を反自民勢力に奪われたことを意味する。やはり低得票率による無党派層の投票参加の低下が、このような結果を招いたのではないか?いま日本国民の3分の1から半分が無党派層だと言われているにも関わらず、今回の選挙で投票に来た人に占める無党派層の割合は15%程度だった。

    しかし、やはり32ある一人区で野党共闘が行われた結果、無党派層の約6割を野党が取っているものの、野党が取ることの出来た一人区の議席は3年前より一人少ない10議席。そのうちの四人が、やはり5%程度の僅差で自民党候補に競りがっている。

    比例区を見てみると自民党は全体の約3分の1の支持を得て19議席。立憲民主は15%の支持で8議席。国民民主は7%の支持で3議席。因みに維新の党は約1割の支持で5議席、共産党は9%の支持で4議席。ところが以上の政党の殆どが支持者の8割に比例区で投票させることが出来ているのに対し、国民民主だけが7割程度なのである。

    どうやら反自民党勢力が、この状況でも一人区等で脆弱なのは、国民民主党の支持基盤が脆弱なためとも思われる。

    そして以上の分析を見てみても、もし今年が亥年ではなく投票率が高かったとしたら、反自民党系無党派の票で、もう少し自民党が有利に闘えた可能性も低くない。もちろん選挙区事情や候補者そして比例区に特別枠が導入された等の複雑な事情を勘案する必要はあるだろう。しかし改憲に必要な議席に足りなくなった4議席と、ちょうど同じ一人区の4議席をひっくり返すことは可能だったかも知れないし、他にも複数区で次点だった自民党系の候補者もいる。比例区も、より多くの議席を得ることが出来たかも知れない。

    このような自民党の底力を見せ付けることで、今年ないし3年前に一人区で5%前後の僅差で自民党候補に競りがった野党系の候補者や、野党の中で埋没気味なのか他の政党と比べて支持基盤の脆弱な国民民主党に、例えば次の選挙で有力な対抗馬を立てると脅すような形で揺さぶりを掛ける。この中には政策的に自民党から遠くない人も少なくない。まず一般的政策で共闘を模索し、その後に憲法論議でも協力を求める。場合によっては自民党中心の連立に入れて副大臣や政務官にしても良い。

    こうして憲法改正議論を何とかして軌道に乗せるのである。

    アメリカのトランプ大統領も、2016年の選挙で自らがヒラリーに勝った選挙区選出の民主党議員を説得して、自らの通したい法案等を通したことが、何度もあったではないか?そのような盟友トランプ氏の行き方を、安倍総理も取り入れて頂きたいものである。


    「GII REPORT」より転載
    https://ameblo.jp/gii-report

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。