«
»

良識の『腐』・参議院。タレント候補者全員落選でいいわ!

 G20で安倍総理が韓国の文在寅大統領と8秒間の握手、記念撮影後すぐに退場を促したと話題になっています。河野外務大臣も韓国の提案は国際法違反で受け入れられないとばっさり切り捨てていましたし、韓国に対する対応は岩屋防衛大臣を除けば概ね良かろうと思っています。個人同士の友情とは違い、国と国との付き合いはルールに則り、感情抜きでお願いしたい。

 閣僚はG20で忙しいですが、それ以外の議員は参院選突入ということで、候補予定者は勿論のことその応援で衆議院議員も選挙のない参議院議員も国内を飛び回っているようです。「愚か者!恥を知れ!」と国会で野党に毒づいた三原じゅん子参議院議員も、あちこちで引っ張りだこの様子。

 しかし、あの演説は酷かった。先だっての参院問責決議案の反対討論のことです。安倍ちゃん万歳と野党をこき下ろすだけの悪口、あれから日を追うごとに胸が悪くなります。三原議員のSNSで演説動画を『拡散希望』と投稿していたので、ご自身では納得のいくよい演技だと評価していたのでしょう。また「よく言った!姐さん!」と評価する支持者は多数いました。私も野党が説明責任を果たさないという点においては与党に引けを取らないどころか、追及する資格があるのかという思いもありますし、見当違いな追及も不愉快に思っているので気持ちは分からなくもありません。

 でも参議院は「良識の府」なのです。党派をこえて中立公正な審議をする場なのですよ。政敵を罵りあうだけの討論でよいのですか?
テレビドラマじゃないんです。タレントの再就職先と化した参議院に存在意義はあるのでしょうか?

 政党が議席を増やしたいがために票を取れる有名人を立てるわけですが、それは「有権者に政策を語ったところで解らない」と、馬鹿にされているのですよ。誰がやっても一緒だよという声聞こえてきそうですが、それではいつまでたっても変わりはしません。この際、タレント候補者にNO!を突き付けませんか?

【今回の参院選のタレント枠】
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190627/pol1906270004-p1.html

o0596045614484240700


「君を守る 私が護る」高橋とみよの政治ブログ
https://ameblo.jp/tomiyo-takahashi/

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。