«
»

野党の筋違いの「老後2000万円」批判の尻馬に乗り政府を攻撃する朝日

◆非現実的想定で試算

 「95歳まで生きるには約2000万円必要」とする金融庁の試算をめぐってひと悶着(もんちゃく)があった。野党は「『100年安心』はうそだったのか。国民は、自分で2000万円ためろとはどういうことかと憤っている」(蓮舫・立憲民主党副代表)と息巻き、これに対して麻生太郎金融担当相は「政府の政策スタンスと異なっている」として受け取りを拒否し知らぬ顔の半兵衛だ。

 この論議はそもそも土台が怪しい。2000万円「赤字」の想定が不可解だ。総務省の家計調査に基づき、平均的な無職の高齢者(夫65歳、妻60歳以上)の収入は年金などで約21万円、支出は約26・3万円で、月約5万円不足。その「赤字」を貯蓄で賄うとすれば、95歳まで30年間生きるには2000万円必要。そんな試算だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。