«
»

老後資金、2000万くらい必要なの当たり前だろう。

 また野党やマスコミが政府を切り取り記事で批判して、政府はそれを真っ向から応えず逃げに回るという醜さを露呈します。

 老後資金2000万は必要という根拠を見てみれば;

 夫65歳 妻60歳  貯金ゼロ 収入 20.5万(年金) 支出26万 赤字毎月5.5万円強が前提

 65歳から95歳の30年間の赤字の累計が30年×66万(5.5万×12か月)=2000万というだけのこと。

 これのどこがおかしいのでしょうか?

 65歳時に貯金はゼロであっても、持ち家を持っていたら?

 65歳で年金が20万でも、パートなどで働いていたら?

 95歳までではなく85歳で亡くなったら?

 といろいろ突っ込み満載です。

 それを年金だけで老後が暮らせないからといってあの蓮舫が「国民は怒っています」とおまえが国民の代表面してしゃべるなと思ったのは私だけ?

 自助努力が一番です。それはある程度の資産形成を老後にすべきなのです。私のようにそれをしていない人は、60歳を過ぎても働く場所があればいいのです。いろんな人生がありますから、その人生に則った老後を暮らせばいいと思います。

 月26万?高くないですか?扶養がいたらかかると思いますが、夫婦二人ならそんなにかからないと思います。東京は家賃が高いなら、地方に移住したら家賃は安く済みますし、60代は地方では若手ということで歓迎されると思います。

 年金だけに頼る人が全日本人の何%いるのか知りたいと思います。

 政府も堂々と受けて立って、「いろんな人生があるのに、一モデルについてとやかく言われても困る」くらい言えばいいのです。

 自分の老後資金や仕事があったら、年金が少なくても十分に助かるはずです。

 そのために一所懸命に年金保険料を払い込んできたのですから。

 え?払わずにもらっている?それが外国人?

 そういうところを野党はバンバン指摘をして日本国民がまずは老後を安心して暮らせるように政府を追及すべきですが、そんな話を寡聞にして聞いたことがありませんね。

 野党はほかに言うことがないので政府を追及しているようですが、安倍総理がくしくも小池日本共産党委員長に「いったいどうしたらいいのでしょう?対案を教えてください」と逆質問したら、小池氏は満足な答えを持っていませんでした。

 言葉狩りや重箱の隅のつつくような議論はもういりません。国家の根本を成す案件を真剣に議論してほしいのですが、立憲民主党は憲憲法審査会に顔も見せず、議論をしようともしません。

 議論を拒否した人間が「民主主義」を言うのはとても違和感があります。

 民主主義の基本は「議論」だと思うのですが、立憲民主党の枝野代表は違うようです。

 蓮舫も「国民は怒っています」となぜ言うのでしょうか。その前にお前はいつ全国民の代表になったのだと言いたいです。少なくとも日本国民である私の代表では絶対にありません。二重国籍の問題を有耶無耶にしていいと思っているのでしょうか。そちらを怒っている国民は多いと思いますが。

 麻生大臣もちょっと「報告書を受け取らない」という詭弁は止めましょう。どうどうと「これはモデルケースですよ、何かがおかしいのですか?」と開き直るべきだと思います。

 だれが老後を貯金ゼロでいいと思っているのか聞いてみてください。

 だれが老後の対処を全くしない人がいるでしょうか。何らかの見通しは持っているはずです。それが普通の国民であり、貯金ゼロ・資産ゼロの人はよっぽどのことがない限り少ないはずですが・・・。


「井上政典のブログ」より転載
https://ameblo.jp/rekishinavi/

5

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。