«
»

拉致問題解決に国民一致を呼び掛け 安倍首相

改めて日朝首脳会談への決意表明

 北朝鮮による拉致被害問題への解決を目指して「全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会」が19日午後、東京・平河町のシェーンバッハ・サボーで行われ、出席した安倍晋三首相は改めて拉致問題解決への決意を明らかにした。

安倍晋三首相

「全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ、国民大集会」で挨拶する安倍晋三首相=19日午前、東京都千代田区(森啓造撮影)

 安倍首相は冒頭、2002年に5人の拉致被害者が帰国して以来16年以上、拉致被害者が1人も帰国できていないことについて触れ、「拉致問題に当初から取り組んできた政治家の1人として、日朝首脳会談に官房長官として同席した者として、痛恨の極み」と拉致問題が解決へ向けて進展していないことを悔やんだ。また「解決には国際社会と緊密に連携することが重要だ」と改めて国際社会との連携の必要性を強調した。

 安倍首相はトランプ米大統領との良好な関係を強くアピールし、直接トランプ大統領からベトナムで行われた第2回米朝首脳会談について話を聞いたことを明らかにして、「金正恩委員長に対し、拉致問題の私の考え方を明確に伝えたとの説明があった」と拉致問題についてトランプ大統領との連携がうまくいっていることを強調した。その上で、「引き続き、拉致問題の早期解決に向けて緊密に連携していくことを確認し、大統領からも今後も全面的に協力していくという力強い言葉をいただいた」と拉致問題解決へ向けて今後もトランプ大統領との連携を維持していくことを明らかにした。

800

全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ、国民大集会で、気勢を上げる参加者ら=19日午後、東京千代田区のシェーン・バッハ・サボー(加藤玲和撮影)

 また、「日朝間における相互不信の殻を打ち破るためには、私自身が金委員長と直接向き合わなければならない」と改めて日朝首脳会談への決意を述べた。「条件を付けずに金委員長と直接会って率直に虚心坦懐に話をしたいと思う」と述べた一方で、「残念ながら日朝首脳会談は、目途もたっていないというのは事実だ」とし、先行きが不透明なことも吐露した。

 その上で、拉致被害者全員の一刻も早い帰国に向けて、日本国民が一致団結することが重要だとしつつ、「私もまた皆様と心を一つにしながら拉致問題解決に向けて、あらゆるチャンスを逃さず果敢に行動していくこと誓う」と決意を述べた。

(デジタルメディア編集部 桑原孝仁)

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。