«
»

「統一地方選挙」が示した危機

浅野 和生

“無投票”多く低い投票率 民主主義が地方政治から腐朽

平成国際大学教授 浅野 和生

 4月7日と21日、いわゆる「統一地方選挙」の投票が行われた。都道府県、市町村などすべての首長と議会の選挙が100%同時に行われるのが真の「統一地方選挙」であるとすると、今回の選挙の実施率は27・27%で、とても「統一」地方選挙と呼べるものではなかった。それでも多少なりとも「統一地方選挙」のように見えたのは、47都道府県のうち41道府県議会で選挙が行われたからだ。

奪われる国民の参政権

 しかし、道府県議会議員選挙で今回争われるはずの総議席数2277のうち612、実に26・88%が無投票当選であった。自民党が412人で一番多かったが、共産党でも13人が無投票当選だった。これでは「有権者」とは名ばかりで、全国各地で多くの国民が参政権を奪われていることになる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。