«
»

日韓議員交流の開催に反対する!

 毎年開催されている日韓議員交流が今年は日本で開催される予定だそうです。

 私はこの開催に反対を表明します。

 それは、この日韓議員交流も私たちの税金で運営されているからです。もちろん議員歳費は税金ですし、その準備にあたる職員も公務員で税金です。

 税金は日本のためになることに使われるなら大歓迎ですが、文喜相国会議長の前天皇陛下に対する侮蔑的な発言は全く謝罪もされておらず、そういう中、日韓議員交流を税金を使って日本で開催することは、韓国側に間違ったメッセージを伝えることになると思っております。

 もちろん日韓議連の議員の中にも同じ考えを持つ議員も多く、日韓両国の未来のために議連に加入しているが、文喜相議長の発言は許すことができないと思っている議員が多いようです。

 そこで世論を反対に盛り上げれば、これが開催できなくなり日本が本当に怒っているんだということがよく相手に伝わると思います。

 そしてそれは韓国の世論に反映し、日本がここまで怒っているのは文在寅政権の外交政策の間違いだという世論を醸成させて、文政権を韓国民自らの手で終わらせなければ、朝鮮半島が非核化されないままに統一という日本にとって最悪の事態が現出することでしょう。

 私はご存知のように日本という祖国を愛しています。日本と日本国民の利益を第一に考えます。

 他国の内政に干渉するつもりはありませんが、韓国が文政権が続けば北朝鮮化するのは目に見えています。それは日本国民にとってとても不味いことだと思っています。そしてついでに韓国民にとってもとてもまずいことだと思います。

 両国の大部分の国民にとってまずいことならば止めるべきではないでしょうか。

 文喜相議長の一連の発言に対し、文在寅大統領の一連の従北行動に対し、日本が毅然とした態度をとるべき時に来ています。

 それで韓国の世論が反日になってしまったら逆効果だと思っていた時期もありましたが、もうその時期は過ぎています。

 韓国の世論がもっと反日になったら、韓国民がそのツケを払うべき時に来ていると思います。

 今日も筑後川の下流水域で50名以上の仲間と共に屋形船に乗って郷土の良さ、日本国の良さを再確認しました。

 日本人ですから、日本国を好きで何が悪いのでしょう。日本国民の利益を最優先に考えて何が悪いのでしょう。

 とはいうものの、他の国民や民族を排斥するほど私は過激でありません。だから、日韓議員交流会の日本側から中止を申し入れることにより、韓国民にもこれはまずいことになっているとわからせなければならないと思うのです。

 賛同される方はぜひこのブログを拡散してください。

 そして自分の選挙区の国会議員に反対だという意思表明をしましょう。

 もしするのなら、一切税金を使わずにやれと言いましょう。

 国民の意思表示をしなければ、日本の国会議員も態度を鮮明にできないのでしょう。国民の声を上げる時が来ました。


「井上政典のブログ」より転載
https://ameblo.jp/rekishinavi/

11

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。