«
»

どうぞ、ご遠慮なく衆参同日選挙に舵をお切りください

安倍総理は、4月30日夜、富ヶ谷の私邸で麻生副総理と2時間に及ぶ会談をされたようだが、やはりただ事ではない。

始まったのが午後9時頃だそうだから、会食でないことは明らかだ。
2時間もあれば大抵の話が出来る。
総理と副総理の腹合わせがこれで出来たと見るべきだろう。

何の腹合わせ?

ご本人たちは何も言わないだろうが、世の中の空気の流れには敏感なはずだから、当然7月の参議院選挙の話にはなる。

言わず語らずの内に互いの腹が出来てくるはずである。

どうぞ、ご遠慮なく衆参同日選挙に舵をお切りください。

そう、申し上げておく。

令和の新しい時代を迎えたのだから、やれる時には何でもやっておかれることだ。

勝って良し、負けて良し。

大義名分は、人心一新でいい。


「早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称早川学校」ブログより転載
https://ameblo.jp/gusya-h/

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。