«
»

共産党機関紙購読、最多の千葉県庁で半減

千葉県庁

自民県議が追及 202万円の公費削減に

 全国の都道府県庁における公費による政党機関紙購読数の中で、昨年、日本共産党の「しんぶん赤旗」購読が都道府県中最多だった千葉県で、今年は半減したことが、このほど分かった。本紙取材班が情報公開請求を行って判明したもの。 (「しんぶん赤旗」問題取材班)

 本紙は昨年7月25日付で、千葉県庁での平成30年度の日刊「しんぶん赤旗」購読数が81部、同日曜版が39部で全国トップの合計120部であると報じた。

 それが4月に入っての新年度の部数調査では、日刊「しんぶん赤旗」38部、同日曜版は16部の合計54部で、昨年の半分以下に激減した。中でも教育庁は昨年、日刊・日曜版の合計が9部だったが、今年は2部に減少。いずれの部も半数に減らし、「赤旗」関係だけで年間、約202万円の公費削減になった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。