«
»

令和の時代、わが国も結局は、自立の道を歩まなければいけませんね

私自身は、楽観していない。

まあ、アメリカが日本に対して牙を剥くようなことはないだろうが、トランプ大統領がいずれ日本に対して難しい注文を突き付けてくる日が来るだろう、くらいなことは考えている。

トランプ大統領が来年の大統領選の再選に向けて具体的な成果を求めていることは明らかだから、日本に対して無理難題とは言わないまでも、結構法外な要求を突き付けてくることはあり得る。

日本にとって役に立つことであれば、多少の無理をしてでもアメリカの要求を当面呑むこともあり得るが、今のところその保証はなさそうだ。

またまた大量の武器の購入を約束させられるのかな、と思ってしまう。

内政の方は当分大丈夫のようだが、外政の方はどうも多事多難のようである。


「早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称早川学校」ブログより転載
https://ameblo.jp/gusya-h/

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。