«
»

自民補選2敗、辺野古移転への反対にも丁寧な説明の継続求めた読・産

◆「政権の緩み」を指摘

 「衆院補欠選挙での2敗は、政府・自民党にとって痛手だ」(読売・22日付社説)、「支持基盤の弱い地域だったとはいえ、与党有利とされる補選での2敗は『取りこぼし』ではすまされない」(日経・同)、「自民系候補を擁立した衆参補選で8連勝中だっただけに政権与党が足踏みした印象は拭えない」(産経・同主張)。

 21日に投開票された、夏の参院選の前哨戦となった衆院大阪12区と沖縄3区の両補欠選挙は、自民党の2敗で終わった。自民党は大阪で前議員の弔い選挙として臨んだが、先の地方選での府知事・市長のダブル選勝利で勢いに乗る日本維新の会の新人候補に通じなかった。沖縄では県知事転出の玉城デニー氏の失職による選挙で、米軍普天間飛行場の辺野古移設が争点となり、野党各党の支援を受け玉城氏の後継として移設反対を訴えた「オール沖縄」無所属新人の勢いを、公明の推薦を受けた自民新人がストップできなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。