■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    江崎 孝
    江崎 孝
    人気政治ブログ「狼魔人日記」主宰
    我那覇 真子
    我那覇 真子
    フリーライター
    星 雅彦
    星 雅彦
    沖縄県文化協会顧問
    松谷 秀夫
    松谷 秀夫
    普天間日米友好協会会長
    仲村 覚
    仲村 覚
    沖縄対策本部代表
    仲里 嘉彦
    仲里 嘉彦
    万国津梁機構理事長
    西田 健次郎
    西田 健次郎
    OKINAWA政治大学校
    豊田 剛
    豊田 剛
    那覇支局長
    宮城 能彦
    宮城 能彦
    沖縄大学教授

    左翼と闘う大阪の保守。左翼に尻尾を振る沖縄の保守

     保守といっても自民党のことではない。大阪の維新の会と沖縄の翁長前知事一派と自由党玉城デニー知事のことである。維新の会、翁長知事、自由党、玉城デニー知事は自民党ではないが保守である。

     大阪の知事選は維新の会から立候補した前大阪市長の吉村洋文氏(43)と自民党から立候補した元府副知事の小西禎一氏(64)の一騎打ちとなった。去年行われた沖縄の知事選は自由党の玉城デニー氏と自民党の佐喜真淳氏との実質上の一騎打ちとなった。大阪も沖縄も保守VS保守の選挙選になったのである。選挙の結果は大阪も沖縄も自民党ではない保守が圧勝した。ただ、同じ保守でも大阪と沖縄では支援する政党に大きな違いがあった。
    大阪は維新の会候補と自民党候補の一騎打ちになったが、なんと、自民党候補を左翼の共産党、立憲民主や国民民主が応援したのである。自民党候補を共産党が応援するのはあり得ないことであるが大阪で起こったのである。共産党が自民党を応援するというのは全国でも大阪だけだと思う。沖縄では自民党候補を共産党が応援したことはない。
    共産党は自民党候補と争った自由党候補を応援した。共産党だけでなく社民党、社大党、立憲民主、国民民主も自由党候補の玉城デニー氏を応援した。大阪で自民党を応援した政党が沖縄では自民党候補と対決する候補を応援したのである。

    大阪では維新の会の吉村候補が共産党・立憲民主、国民民主が応援した自民党候補に圧勝した。一方沖縄では共産党、立憲民主、国民民主、社民、社大が応援した自由党の玉城デニー氏が自民党候補に圧勝した。

     大阪の共産党は弱くはない。むしろ強い。共産党が強いのは沖縄と同じである。1971年に日本社会党と日本共産党の支持を受けた黒田了一氏が府知事になったことがある。
    そして、1975年には共産党単独の推薦であったが各党の支持層に深く食い込み、45万票の大差で黒田氏が再選された。共産党単独の推薦でも知事選に勝利するほどに大阪は共産党が強かった。共産党が強い大阪で2008年に自民党の推薦で立候補して知事選に勝利したのが橋下徹氏だった。
    橋下徹氏は知事になると学力向上政策で日教組と真正面から闘った。日教組と闘うということは日教組を支持基盤にしている共産党と闘うことである。橋下氏は府知事・市長時代に日教組・共産党の反対運動と闘いながら教育改革に取り組んだ。その結果日教組の学校での権力を弱体化していった。自民党にはできなかった教育改革を橋下氏はやったのである。
    「成田反対はゴネ得」、「日本は単一民族」、「日教組を解体へ」の発言に対して度重なる抗議を受けたために自民党は抗議に負けて黒田了一氏を国土交通大臣を辞任させたが、橋本府知事は黒田氏の日教組批判は正しいと公然と支持した。そして、斬新な教育改革を始めた。教育改革は日教組・共産党との厳しい闘いになった。共産党は橋下流教育改革を徹底的に批判した。
     日教組・共産党の圧力に屈さないで橋下氏の教育改革は進み、大阪の日教組と共産党は弱体化していった。
    ※日教組は教師は労働者である。教師にも表現の自由は憲法で保障されていると主張して。入学式・卒業式の時に起立して国家斉唱することを拒否し、着席して斉唱しない教師が多かった。着席して国家を斉唱しない教師の多くは共産党系である。着席し国歌斉唱をしない教師は大阪だけでなく全国に居て、それは黙認されていた。
     橋下徹氏が府知事だった平成23年6月に全国初の「国旗国歌条例」「起立条例」を成立させた。翌24年には、3回の職務命令違反で分限免職とする「職員基本条例」も成立した。
     「教師は労働者であり人間である。教員の精神の自由は、とりわけて尊重されなければならない」の主張に対して橋下氏は「教師は公務員である。起立国歌斉唱は公務員の義務である」と主張した。
     公立学校卒業式・入学式における「君が代」斉唱時の「不起立」に関し府教委は「戒告」「減給」処分を下した。「処分」を不服として教師は提訴したが、裁判では府が勝っている。
     
     大阪では保守の橋下氏が府知事・市長の時に徹底して共産党と対決していったが、沖縄は逆だった。
     沖縄では自民党のリーダーであった翁長雄志氏は自民党を離党して共産党に共闘を申し入れて知事選に立候補した。保守の翁長派と左翼の共産党、社大党、社民党が支持する翁長氏が自民党候補に圧勝した。
     普天間飛行場は県外移設を主張し続けていた翁長知事は国外移設・閉鎖撤去を主張している共産党などの左翼政党と共闘して、政府・名護市・県の合意によって決まっていた辺野古移設への反対を選挙公約にして県知事選に勝った。翁長知事が共産党と共闘したのは知事選に勝つのが目的であった。
    世論調査である。
    国外移設・・・26.7%
    県外移設・・・26.1%
    撤去・閉鎖・・・21.3%
    辺野古移設・・・18.0%
    わからない・・・7.9%
     国外。県外・閉鎖撤去の合計は74%である。三つに共通するのは辺野古移設には反対であることである。翁長氏は県外移設を主張していたが、県外移設を選挙公約にすれば国外移設・閉鎖・撤去の左翼政党と共闘することができない。自民党を離脱した翁長氏は左翼政党と共闘しなければ知事選に勝利することは難しい。知事選に勝つためには国外移設、閉鎖撤去の左翼政党と共闘する必要があった。翁長氏は知事選に勝つために左翼政党と共通する辺野古移設反対を選挙公約にしたのである。狙い通り翁長氏は知事選に勝利した。
     県外移設は26.1%しかない。国外・閉鎖撤去は48%である。翁長氏が知事選に勝利したのは左翼政党のおかげである。知事になった翁長氏は共産党には頭が上がらない。知事になっても共産党に尻尾を振り続けた翁長前知事であった。
     
    前府知事の松井新市長は元自民党議員である。橋下氏の政治改革に賛同し、自民党を離脱して維新の会を結成した。吉村知事・松井市長は共産党と徹底して闘っている保守である。ところが翁長知事の後継者である玉城デニー知事は共産党と共闘して安倍政権が進めている辺野古移設に徹底して反対している。保守でありながら左翼に尻尾を振っているのが沖縄の保守である。保守より出でて革新保守なったのが大阪であり、保守より出でて左翼に染まったのが沖縄である。


    「沖縄に内なる民主主義はあるか」より転載
    http://hijai.ti-da.net/

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。