«
»

岡田さんも小沢さんも、かつての民主党の再興を夢見ておられるのかしら

無所属の岡田さんが、妙に民主党の名前に拘泥されている。

安倍総理が自民党の党大会で、「悪夢のような民主党政権」と評したことが痛く岡田氏を刺激し、感情的にさせてしまっているようだが、岡田さんにとっては今も民主党が厳然として存在しているということだろうか。

小沢さんまで「(自民党には)もう一度、悪夢を見てもらわなければならない」と言っているそうだから、無所属の岡田さんも自由党の小沢さんも、かつての民主党の再興を念じておられるのかも知れない。

しかし、今となっては如何にも儚い夢だと言わざるを得ないだろう。

岡田さんは、立憲民主党と一緒の会派を組んでいるとは言え、今は一介の無所属の議員でしかないのだから、とてもかつての民主党の血脈を受け継いでいる正統の政治家だなどとは言えない。

小沢さんも然り。

小沢さんは、民主党分裂の引き金を引いた政治家の一人だ、というのが当時の民主党の関係者の間での定説だろうから、とても当時の民主党を受け継いでいる正統の政治家だとは言えないはずだ。

かつての民主党は、四分五裂して今はない、というのが普通の人の感覚のはずである。

岡田さんは、なんであんなに民主党に拘るのかなあ、早く目を覚まされた方がいいだろうに・・。


「早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称早川学校」ブログより転載
https://ameblo.jp/gusya-h/

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。