■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    でたぞ、疑惑の総合商社 辻元清美の外国人献金問題!

     えっと、この人何党だっけ?

     社民党をやめて、民主党に行って、それから・・・。ああ、左巻きの巣窟の立憲民主党の国対委員長だったですね。ちょっと左巻きだと思う人は立憲民主党に行っているのでした。 

     ついでに中途半端な人が国民民主党だったですね。ただ国民民主党も小沢一郎の自由党と組むのでまたよくわからないようになりつつあります。昨日、山本太郎のタウンミーティングのような会合の動画を見ていたのですが、反原発の権化の山本太郎の支持者は、電力労連の支持を受けている国民民主党への加入に難色を示しているようで、これもまた内輪もめが表面に出てきて、面白そうです。

     ちなみに山本太郎はその講演の中で民主党政権もディスっていました。また、反原発だけでは支持が広がらないとだいぶ弱気な発言もあり、支持者との溝も感じ取れる内容でした。東京選挙区の皆さん、彼が再び国会議員になることのないようにお願いします。

     辻元清美に話を戻します。

     韓国籍の弁護士から個人献金を貰い、その後で気づいてお金を返したから問題ないといっていますが、本当にそうでしょうか?

     そこはこの人が大得意の詭弁と論点すり替えでなんとでも見苦しい言い訳をするでしょうから、その推移を注目していきますが、ここでは別な角度からこの問題を見ていきたいと思います。

     それは、この韓国籍の弁護士はなぜ辻元清美を応援したいと思ったかです。

     皆さんはどのようにこの韓国籍の弁護士の心情を想像されますか?

     私は、この韓国籍の弁護士にとって辻元清美は自分たちの立場を代弁してくれる文字通りの「代議士」と思ったのだと思います。

     ここはあくまでも私の想像です。

     この韓国籍の弁護士は辻元清美が推進しようとしている政策や政府批判が自分の信条と同じだから自分のポケットマネーを辻元にあげて応援したいと思ったのではないでしょうか。

     ただ、お粗末なのは法律の専門家である弁護士が公職選挙法の規定を知らなかったという点ですが、今となっては辻元陣営からはこの韓国籍の弁護士が政府から送り込まれた工作員のように見えているのではないでしょうか。

     二年に渡って献金をして、返したといっていますが、この韓国籍の弁護士には返金されておらず、国籍の規定のないサポーターのところへ移し替えられたそうです。

     政治家への外国人からの献金は、売国奴的な政策をしかねないから禁止されているのに、その正当には国籍を規定する条項がないなんておかしいですよね。今となっては胡散霧消している民主党の真意はわかりませんが。

     さすがに立憲民主党のHPを見てみると個人献金のところは、日本人以外の寄付は受け付けられませんと明記されています。当たり前ですが、ここの支持者の多くが残念がっていることでしょう。

     もし、外国人参政権が認められたら、この外国人からの献金も合法になるのでしょうか。そうなるとますます売国奴的な性格が強い政党になりますよね。だから外国人参政権付与は絶対に認めてなりません。

     立憲民主党のホームページを見ると腹が立ちます。そのキャッチが「立憲民主党はあなたです」と書いてあるではありませんか。

     秒殺で「NO!」と叫んでしまいました。

     疑惑の総合商社の辻元清美が大後援者の関西生コンが逮捕され、資金的にも政治的にも攻撃された時の防衛部隊もがくんと減って意気消沈している時に、この問題です。ぜひ、辻元清美を議員辞職まで追い詰めて、息の根を止めましょう。

     国会ではこの期に及んでも、厚労省の統計数字の問題を政府の責任にしようとしていますが、第一次安倍政権の時のように野党とマスコミのタッグでは政権を追い詰めることはできないとまだ学習しないのでしょうか。

     千葉県野田市の小4の子供が親の虐待で亡くなった事件の解決策や児童相談所の権限の強化や人員の増強など国民のためになる法案をだして、野党の存在をアピールするべきではないでしょうか。

     数合わせの政策もまとまらない野党が合同することを「野合」と言います。政党は本来政治信条を同じくする者が集まって数の力を発揮するところだと私は思いますが、野党の議員たちやその支持者は「安倍政権を終わらせる」だけで一緒になろうとしています。

     倒した後は何をするの?という質問には誰も答えようともしません。

     日本を取り巻く内外の諸問題はそんな悠長なことをしている場合でしょうか。

     保守と言われる人たちの中にも安倍政権を倒そうという人もいます。

     安倍政権を批判し、たとえば消費税引き上げを思いとどまらせるとかの進言なら大歓迎ですが、倒していったい誰がこの国難のかじ取りをするのでしょうか。

     最近は批判は誰でもします。ブログを書いていても批判は延々と書いてくる人がいますが、ではどうするのかというと幼稚な答えしか返ってきません。要は憂さ晴らしなのでしょうか。

     政治は数です。自分の思っていることがすべて実現するはずがありません。だからある程度譲歩しながら、こうあってほしいと思う所に一番近い人を応援していくしかないんです。だから私は安倍政権を支持しますし、ロシアやCHINAとの交渉を少しでも有利に進めてもらうためにその支持の姿勢を変えません。

     ただ、こうしてほしいという要望はしかるべき筋から言ってもらっています。

     面白いのはこれと同じようなことを山本太郎が自分の支持者の頑固なおじさんに諭していたのです。彼の牙城は危機に瀕していると思います。今度の選挙で下品な彼を国会から追い出す、絶好のチャンスです。

     また、この外国人献金問題で辻元清美を辞めさせるチャンスです。自民党もせめて国対委員長は辞めさせるくらいの攻撃はしてほしいと思います。またはこれを交渉の材料にすることもいいと思います。

     どんどん追及していきましょう。韓国籍の弁護士が秋波を送るほどの人物です。日本国民のためにはならないということのりっぱな証拠でしょう。


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    (当記事のサムネイルはWikipediaから引用いたしました)

    6

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。