«
»

弱腰外交が韓国を増長

 昨年12月に起きた韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題は、日本政府が今月21日に「最終見解」を示し、韓国との協議を打ち切った。

 これで問題は終息すると思ったが、韓国は新たに24日、海自P3C哨戒機による「低空威嚇飛行」があったとする写真やレーダーの記録を公開して、日本に謝罪を求めてきた。しかし、この写真は海面が写っておらず、韓国が主張する低空飛行(70~80メートル)を証明するものではないことは明らかである。

 岩屋毅防衛大臣が「海自哨戒機が韓国海軍駆逐艦に威嚇飛行をする理由はどこにもない」と会見で述べているが、岩屋大臣の発言は常識的な見解であり、いちいち韓国の言い掛かりに対応することは時間の無駄だ。韓国の一連の対応を見ていると、子供が駄々をこねているようにしか見えない。韓国の態度は恥の上塗りをしているようなものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。