«
»

自衛官の60歳定年検討を

 防衛省は昨年12月21日、1佐から3曹までの自衛官の定年年齢をそれぞれ1歳ずつ引き上げることを決定。自衛隊法施行令などを改正し、2020年1月以降の実施を目指すとしている。

 防衛省は定年年齢引き上げの理由を「装備品の高度化や任務の国際化などに対応できる知見を豊富に備えた人材の有効活用を図る」と説明する。

 ここで、本紙読者も含め一般人は自衛官の定年年齢を知らないと思うので、現在の定年年齢を紹介したい。1佐(56歳)、2佐および3佐(55歳)、1尉~1曹(54歳)、2曹および3曹(53歳)となっている。ちなみに将および将補の定年年齢は60歳である。

 この年齢を見て、定年が早いと思った人もいれば、自衛隊の精強さを維持するためには妥当な年齢だと思った人もいるだろう。今や「人生100年時代」と言われ、50代という年齢は、自衛官に限らず、知力・体力ともに元気な人が私の周りにもたくさんいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。