«
»

沖縄の県民投票実施に疑問

宮城 能彦

安易に賛否答えられず 失敗だった平成8年の投票

沖縄大学教授 宮城 能彦

 玉城デニー沖縄県知事は11月27日に名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を来年2月14日告示、同24日投開票と発表した。

 「県民が意思を示す非常に重要な機会であり、意義は大きい。一人でも多くの人に参加していただけるよう、投票を呼び掛けたい」(沖縄タイムス+プラス11月27日)ということである。

 今回の県民投票にはそれを実施する市町村にかなりの温度差がある。

 例えば、与那原町や、中城村、北中城村議会は12月10日の定例会本会議で、県民投票の投票事務に必要な補正予算案をいずれも全会一致で可決したが、逆に、宮古島市議会の総務財政委員会は10日に県民投票事務の補正予算を削除する予算修正案を賛成多数で可決したし、肝心の宜野湾市の市議会も4日に与党が提出した県民投票に反対する意見書を賛成多数で可決した。石垣市議会にも同様に反対している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。