«
»

デニー知事よ 下地宮古島市長の主張から逃げるなよ

デニー知事は県民投票非実施は「あってはならない」というが下地宮古島市長は今回の県民投票は県民投票に「そぐわない」と言った。デニー知事がやらなければならないことは「そぐわない」ではないことを説明して、下地市長に反論し下地市長の主張を覆すことでぁる。

県民投票が決まったから文句を言わないで黙って実施しろというのは民主主義精神に反する。話し合いをして納得させるのがデニー知事がやらなければならないことである。協議こそが民主主義であると主張しているのはデニー知事ではないか。民主主義の精神で安倍首相との協議を求めたのがデニー知事であった。沖縄県ではデニー知事が安倍首相で下地市長がデニー知事になるが、上の立場になったデニー知事こそが下地市長と積極的に協議をしていくべきである。今こそがデニー知事の民主主義精神を発揮する時である。しかし、宮古島市に行くのはデニー知事ではなく池田竹州知事公室長である。

今後の対応については、宮古島市には池田竹州知事公室長を派遣し、詳細を確認した上で「早急に検討していきたい」とデニー知事は述べたという。デニー知事自らが下地市長と協議する気はないようだ。安倍首相に対して民主主義精神による協議を要求していたデニー知事の姿が消えたね。宮古島市には民主主義精神で対応しないようだ。下地市長を差別しているように感じてしまう。

派遣される池田知事公室長は、予算を執行しなかった場合、地方自治法で規定する是正の要求などの対応を取るかと問われ、「状況を聞いてから対応方針を決めていきたい」と答えた。協議をするのではなく状況を調査してから対応方針を決めるのである。

県民投票をしなかった場合に訴訟の検討はしないと発表したのが池田知事公室長である。そんな公室長が行けば、「投票を実施するしないは自由だよな」と言われても返す言葉がないだろう。池田知事公室長を派遣しても効果がないことは明らかである。

デニー知事に要求されるのは今回の県民投票が県民投票にそぐわないと言われたことに反論して。県民投票の意義を説明し下地市長をはじめ全市町村長と県民を納得させることである。

「宜野湾市民の生命の安全と財産の保全が置き去りになる」としても県民投票をやる意義が「×××」にあること、「国全体としての意思を決定すべき」ではなく、県民投票で県民の意思を分かることが「×××」において大事であることを説明し、県民投票をやることが正しく、下地市長の主張は間違っていることをデニー知事は丁寧に説明するべきである。しなければ下地市長の主張が正しいということになる。

下地市長に反論できなければ県民投票はやる意義がない。

下地市長の主張から逃げるなデニー知事。


「沖縄に内なる民主主義はあるか」より転載
http://hijai.ti-da.net/

6

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。