«
»

新鮮味欠く『自衛隊「別班」』

 講談社現代新書から石井暁共同通信社編集委員が『自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体』を出版した。

 本書は話題の一冊として、各方面で紹介されている。

 石井氏が5年にわたって50人近い現職・元自衛官に取材し、共同通信社が加盟新聞社に「別班」の記事を配信するまでの経過が綴(つづ)られている。本書に登場する元自衛官の中には、以前、親しくお付き合いをしていた方も含まれていたので、一気に最後まで読んだ。

 「はじめに」のページで、石井氏は「『別班』が冷戦時代から現在に至るまで海外に拠点を設け、身分を偽装して自衛官に情報活動をさせてきたことを、安倍は知らされているのか。そして何より、自衛隊最高指揮官の文民政治家として、戦時中の軍部暴走の反省から導入された文民統制の重さを理解しているのか。『別班』の活動を、民主主義国家の大原則である文民統制を逸脱した行為である」と述べている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。