«
»

肩の力を抜くことですね

いよいよ出入国管理・難民認定法改正法案の委員会審議に入るようだが、ここはじっくりと審議をやってもらいたい。

新法務大臣はさすがに検察出身の法律実務家であるので、見当違いの発言はされないだろうが、少々肩に力が入り過ぎているようである。

法務大臣は、あまり細かいことまでご自分で答弁されない方がいい。
山下流を他の方が踏襲することは事実上無理だろうから、後進を育てるつもりで答弁を副大臣や政務官、さらには事務担当者に譲るくらいで丁度いいのではないだろうか。

本当に愚鈍になってはいけないが、偶にはほんのちょっぴり愚鈍を装うくらいがいい。
まずは、質疑者の問題意識の高さに敬意を表してみることだ。

今回の法改正の推進力となっているのは官邸のようだが、官邸がなんでもかんでも知っているわけではない。

この法案の成立は急がない方がいい。

そんなに簡単に問題点の解消が出来るとは思えない。


「早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称早川学校」ブログより転載
https://ameblo.jp/gusya-h/

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。