«
»

観光のレガシー残す大会に

櫻田義孝氏

櫻田義孝 五輪担当相

 櫻田義孝五輪担当相はこのほど、世界日報社を含む報道各社のインタビューに応じ、北朝鮮の東京五輪参加問題、残したい五輪のレガシー(遺産)、大会成功に向けた重点課題などについて語った。

北朝鮮の五輪参加についてどう思うか。

 一般論として、スポーツの祭典なので政治とスポーツを切り離して多くの国の参加が望ましいが、まずは国際オリンピック委員会(IOC)と北朝鮮のオリンピック委員会、大会組織委員会とで調整してもらう。政府としては動向を注視しながら対応してゆきたい。

拉致問題がある中での参加をどう考えるか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。