«
»

撃墜も覚悟の緊急発進

 防衛省統合幕僚監部は10月12日、平成30年度「上半期4~9月」の航空自衛隊戦闘機による緊急発進(スクランブル)回数を発表した。

 回数は561回(平均1日に3回)で、前年同期と同数となり、上半期ベースでは過去最多となった平成28年度に次いで2番目に多い。国別では、対中国機が345回、前年同期(287回)に比べて約2割増となる全体の61%を占めた。対ロシア機は全体の38%となる211回で、前年同期(267回)の約2割減だった。

 統幕は「中国機では戦闘機、ロシア機では情報収集機に対して、それぞれ多く緊急発進を行った。日本海で初めてロシアのスホイSu35戦闘機が確認されるなど、日本周辺での活動は依然として続いている」と説明した。最近は、テレビのニュースで緊急発進回数が報道されることはあまりない。新聞も大きくは取り上げないため、日本人は日本周辺の厳しい現実を理解していないのではないか…。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。