«
»

玉城デニー知事、いきなり沖縄県議会で“公約破り”追及される

 沖縄県の玉城デニー知事は19日、就任後初となる県議会代表質問に臨み、いきなり知事選の公約違反とも取れる発言をし、議会空転寸前となった。

 代表質問のトップバッターに立ったのは、翁長雄志前知事に対する厳しい追及をし、“切り込み隊長”として知られる島袋大県議(自民)。公約違反とされる部分は、沖縄本島北部の名護市で予定される北部基幹病院の整備についての見解だ。

 北部基幹病院の整備費用を問われた玉城知事は「市町村の応分の負担も必要と考える」と述べ、野党から「公約違反」との批判を浴びた。玉城氏は選挙期間中に「地元負担を求めない」と“公約”していたのだ。

 玉城氏はその後、「市町村には補助事業の活用を求めていくが、その際の“裏負担”は県が負担するという趣旨だ。公約の実現に向けて全力で取り組む」と修正したが、野党の反発は収まらなかった。

 那覇軍港の浦添沖への移設をめぐっても議論は紛糾した。移設の是非を問われた玉城氏は、「那覇港港湾施設は基地負担の軽減や跡地の有効利用による発展に寄与する」ため、「移設は認める」と述べた。

 ところが選挙期間中は、「移設協議会(県、那覇市、浦添市などで構成)の枠組みの中で議論されており、その推移を見守りたい」と述べ、賛否を明確にしていなかった。軍港移設をめぐっては、玉城氏を支援する政党間で温度差があり、日米安保に反対する共産党は米軍施設の建設は一切認めない立場だ。

 北部基幹病院と那覇軍港にかかる質問について、最初は担当部局に答弁を任せていたが、島袋氏は、「私はただ知事が選挙で話したことについて尋ねている。沖縄のリーダーとして明確に本人が答弁すべきだ」と追及した。

 玉城氏は沖縄市議1期途中を経験しただけで、国政に進出したため、県議会の経験はない。いきなり公約と違う発言が飛び出し、野党自民に押され、あわや議会が空転しかけた。ある与党議員は、「三役である2人の副知事と政策調整監がしっかりフォローしないといけない」と苦言を呈した。

(那覇・豊田 剛)

4

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。