«
»

「約束された未来」(佐喜真)か「弔い」(玉城)か―沖縄知事選での対照的な戦い方

 沖縄県知事選が告示されて2回目の連休、安倍政権の支援を受ける佐喜真淳氏(54)と、翁長雄志知事の後継の玉城デニー氏(58)がデッドヒートを繰り広げている。その戦いぶりは対照的だ。

800

演説に耳を傾ける有権者ら=23日午後那覇市久茂地(画像は一部加工してあります)

 23日、県庁前で自民党筆頭副幹事長の小泉進次郎氏がマイクを握った。 「沖縄の皆さん、1週間ぶりに来ました。選挙もあと1週間後。相手も本気、こちらも一段ギアを上げようじゃありませんか」

 知名度抜群の小泉氏は沖縄の選挙では“常連”。小泉氏の演説するところは、どこも大盛況だ。今年2月の名護市長選でも2度入っており、今回も2度目だ。選対の1人は「状況によっては最終盤にも呼びたい」と本音を語る。

 小泉氏以外にも、安倍政権や自公などの幹部らが次々と沖縄に入り、街頭に立っている。菅義偉官房長官は告示後、2度沖縄入りして演説した。元沖縄担当相の小池百合子東京都知事も22~23日、県内を精力的に遊説した。陣営には、政府が強力に応援することで、将来的に財政的支援が約束されるという安心を感じさせる狙いがある。

 対する玉城氏の陣営は、革新政党色を極力消す運動を展開している。13日の告示後、県外の野党国会議員と玉城氏が街頭で並ぶことはない。

 玉城陣営は22日の那覇市の広場で大規模集会イベントを開いた。共産、社民、立憲民主、生活の幹部議員が参加したものの、誰一人として登壇しなかった。最後の頑張ろう三唱の場面でも県外の国会議員は壇上に登らずじまいだった。

 保革を超えた「オール沖縄」という翁長路線を継承するには、極力革新色を抑え、「辺野古移設反対」のワンイシューで集結しない限り勝てないという危機感がある。陣営幹部は「翁長知事の遺志である沖縄のアイデンティティーを大事にしたい」と話す。“弔い選挙”に持ち込みたい考えだ。

(那覇・豊田 剛)

4

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。