«
»

県庁は左翼の巣窟 県庁に玉城デニー候補のポスター

沖縄県庁に玉城デニー氏のポスター 自民が調査要求、県選管は「公選法違反の疑い」

 沖縄県議会の自民党会派は20日、県知事選(30日投開票)に立候補している玉城(たまき)デニー前衆院議員(58)のポスターが県庁内に掲示されているのは公職選挙法違反などに当たるとして、新里(しんざと)米吉(よねきち)議長に県議会として調査するよう求めた。富川盛武副知事は20日、記者団に対し、ポスターが掲示された経緯などについて「調査する」と述べた。

問題となったのは、法令で定められた掲示板でのみ掲示が認められている玉城氏のポスター。県庁12階にある空手振興課前の掲示板に貼られていた。自民党の調査に対し、全水道沖縄県企業局水道労働組合の事務局員が掲示したことを認めた。
このほか、県庁内にある沖縄県職員労働組合の複数の掲示板には、玉城氏の写真と「DENNY NIGHT」というイベントを告知する内容が印刷されたポスターが貼られていた。いずれのポスターも、県選挙管理委員会が公職選挙法に抵触する恐れがあると指摘し、20日に掲示が取りやめられた。
            産経新聞
 県庁内に貼られたポスターは玉城デニー候補だけのポスターである。佐喜真候補のポスターも貼られていたら県庁職員の法令無知を批判することになるが、共産党、社民党、社大党の左翼政党が支持しているデニー候補だけのポスターとなると県庁職員のイデオロギーを問題にしなければならない。

 デニー候補のポスターを県庁に貼るということは県庁職員の組合が左翼であるということである。

 翁長知事時代に安倍政権と密接な関係を維持していた安慶田副知事が教員採用試験を巡って口利きしたと県庁幹部が沖縄タイムスへリークした。リークによって安慶田副知事は辞任に追い込まれた。県庁は左翼の巣窟である。だから安倍政権と密接関係を築いていた安慶田副知事は「邪魔者は消せ」と県庁から消されたのである。

 公務員こそが市民の模範となるために法令順守をするべきであるが、左翼県庁職員は法令順守は念頭にない。安倍政権打倒、自民党打倒のイデオロギーの塊である。県庁職員は法令順守より左翼の選挙勝利である。平気で法律を破るのが県庁職員である。彼らは公務員というより公務員の顔をした左翼活動家である。


「沖縄に内なる民主主義はあるか」より転載
http://hijai.ti-da.net/

6

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。