«
»

自衛官不足解消への課題

 防衛省は、自衛隊の人員不足を解消するため、自衛官の定年を延長する方針を固めた。2020年度以降、階級に応じて定年年齢を1~5歳引き上げるとしている。

 防衛省が公表している現在の自衛官の階級に応じた人数(充足率)は以下の通りだ。

 任期制隊員(士長~2士)は3万9395人(69・5%)、曹長~3曹は13万7951人(98・5%)、准尉は4632人(93・8%)、将~3尉は4万2444人(93・2%)。また、定年の年齢は、将~将補は60歳だが、1佐が56歳、2佐~3佐が55歳、1尉~1曹が54歳、2曹~3曹が53歳となっている。

 今回、定年延長となるのは将~3曹。現在、幕僚長を務める将の定年は62歳。

 最近の自衛隊は、自然災害が起きるたびに、被災地に常に派遣されているため、災害派遣が主任務のように考えている国民もいるかもしれないが、自衛隊の主任務は国防であり、災害派遣ではない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。