«
»

日朝接触、昨年から北京で

ポンペオ米国務長官(左)と金英哲朝鮮労働党副委員長

北は日本の条件見極めか 影落とす米朝優先

 今年7月ベトナムで日本と北朝鮮の当局者が極秘接触していたという米紙報道を受け、日朝関係の新たな動きにつながるのか関心が高まっている。最大の懸案である日本人拉致問題の解決などに向け糸口を見いだせるのだろうか。 (編集委員・上田勇実)

 報道によると、接触していたのは北村滋内閣情報官と金聖恵統一戦線部策略室長。詳細は不明だが、北朝鮮による日本人拉致問題が議題に上がったとの見方が出ている。

 各紙が毎日伝える「首相動静」によると、北村氏は7月の1カ月間、週末を含め実に半分の15日、回数にして16回にもわたり安倍晋三首相と面談した。これは谷内正太郎国家安全保障局長の9日(13回)をはじめ他の秘書官たちと比べ断トツで多い。2人の接触が事実なら、それをめぐり綿密に首相に報告したり指示を仰いでいたことをうかがわせる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。