«
»

これが共産党だ!自衛隊に嫌がらせ。

 自衛隊のイベントは全国どこでも評判がよく、
チケットもなかなか取れないものもあります。
子供たちにも大人気ですよね。
それが「市民の声」という名の共産党の横やりで、中止に追い込まれたのだそうです。
酷いな!

600

 >残念ながらこのイベントは中止になりました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-18/2018081804_04_1.html
(しんぶん赤旗 WEB版)
全文転載しておきます。

ショッピングモール 埼玉・鴻巣
自衛隊参加の催し 中止に
市民の声が力を発揮

 埼玉県鴻巣市内にあるエルミこうのすショッピングモールで自衛隊が行う予定だったイベントについて16日、自衛隊埼玉地方協力本部がイベントを中止すると明らかにしました。
日本共産党鴻巣市委員会、同市議団、新日本婦人の会鴻巣支部、平和遺族会鴻巣支部、市民有志らが15日に行った、同ショッピングモール館長への要請に自衛隊が応えた形です。
中止されたイベントは、「夏休み特別企画!自衛隊と警察ふれあいフェスタ 2018」と題したもので、合同採用説明会に加え、自衛隊の子ども用迷彩服の試着体験や、軽装甲機動車の展示などが行われる予定でした。
要請では、イベントが市民の目につく商業施設等で行われることや、戦争法の成立などをうけ、自衛隊の果たす役割が変化するもと、迷彩服や装甲車が戦争を想起させると指摘。参加した親子らは、不安の思いを同館長に訴え、自衛隊にイベントを中止するよう申し入れていました。
自衛隊がイベントを中止したことを受け、竹田悦子市議団長は、「市民が声を上げたことが力となり、大きな成果になりました。自衛隊はほかにも、市内で行われるイベントに積極的に声をかけています。これからも声を上げ続けていきます」と語りました。

・・・(転載ここまで)・・・

 「私は共産党が行うデモや集会の方が、
迷彩服や装甲車よりよほど子供に不安を与えてると思います。
それなので、今後施設での共産党の集会を中止して頂きたい」と訴えたら、
会場を貸している事業者や施設は応じるでしょうか。
普通に想像すれば、「憲法の保障する集会の自由だ!」と言って共産党は施設に詰め寄るでしょう。
商業施設などは大騒ぎされると商売にならないので、
そういう苦情が来ても「お金を頂いているので」とか「もう契約されているので」と、
そのまま開催されるに違いないわけです。
「赤」という暴力を連想させる、声の大きい理不尽は通ってしまう。
ま、想像ですけれど。

 自衛隊は中止をせざるを得なくなってしまい、楽しみにしていた人たちは本当に残念だったでしょうね。
多くの人の楽しみを奪い、自らの主義主張だけを押し付ける。
それが共産党なのでしょう。

 そういえば、7月の西日本豪雨の時に、
名古屋港で一般公開する「いずも」に対し
「海上自衛隊の護衛艦「いずも」 広報活動目的の入港は容認できない。
災害時のいま、救援活動に使うべきではないのか」と、
ドアホな申し入れをしていましたね。
https://tr.twipple.jp/p/31/7d3826.html

 多くの人がハガキやインターネトで応募してまでも観に行きたいわけですし、
その楽しみを何のために奪うのでしょうか?
ひねくれた言い方をすれば、自分の納めた税金で造られた護衛艦が、
日本の防衛に必要なものか観に行くことも共産党は否とするのでしょうかね。
http://www.mod.go.jp/msdf/event/2018_07.html

  ほとんどの国民は自衛隊を応援しています。
共産党がこのような嫌がらせをしていることだけは、
記憶にとどめておきましょう。


『「君を守る 私が護る」高橋とみよの政治ブログ』より転載
https://ameblo.jp/tomiyo-takahashi/

13

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。