■連載一覧
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • どうなる米朝首脳会談
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2018/5/23
  • 2018/5/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 渥美 堅持
    渥美 堅持
    イスラーム専門家
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    遠藤 哲也
    遠藤 哲也
    元日朝国交正常化交渉日本政府代表
    服部 則夫
    服部 則夫
    元ベトナム大使
    石井 貫太郎
    石井 貫太郎
    国際政治
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮塚 利雄
    宮塚 利雄
    北朝鮮専門家
    中澤 孝之
    中澤 孝之
    ロシア問題
    太田 正利
    太田 正利
    外交評論家
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    佐藤 唯行
    佐藤 唯行
    ユダヤ人問題
    渡瀬 裕哉
    渡瀬 裕哉
    早稲田大学招聘研究員
    山田 寛
    山田 寛
    元読売新聞アメリカ総局長

    辻元清美議員の妨害戦略を許すな

    辻元清美議員こそが、国政を停滞させている「武装闘争路線」の真犯人なのでしょうか?

    学ばない野党

    ●中谷元防衛相、辻元清美議員を批判
     国内の政治を巡り、先週末、非常に気になる報道がありました。

    ■憲法審査会めぐり辻元氏批判=自民・中谷氏(2018/06/30-18:20付 時事通信より)


     時事通信によると、土曜日に自民党の中谷元・元防衛相は30日、三重県津市で講演。与党などが提出した、憲法改正などの「国民投票法改正案」の審議がストップしていることについて、次のように発言したのだそうです。


    「止めているのは立憲民主党の辻元清美国対委員長だ。(有権者の)利便性を追求したごく当たり前の法案でさえ国会で足止めを食らっている」


     私が記憶する限り、自民党の現職国会議員が他党の国対委員長を名指しして批判するのも異例なら、これを「マス・メディア」の一角を占める時事通信が報じるのも異例です。当ウェブサイトでは普段、マス・メディアの報道姿勢を厳しく批判しているものの、優れた記事には「優れている」と申し上げたいと思います。

     といっても、短い記事なので、中谷氏の発言の全容が報じられているわけではありませんし、中谷氏がどういう意図でこう発言したのかもわかりません。あくまでも私自身が「忖度」して申し上げるならば、国会議員の間で、立憲民主党の姿勢に対する呆れが広まっているということではないでしょうか?

    ●もりかけ、セクハラ、審議拒否

     考えてみれば、現在の「最大野党」は、衆議院が立憲民主党、参議院が国民民主党です。衆参で「与野党のねじれ」が生じていたことはありましたが、「最大野党が衆参でねじれる」というのは珍しいのではないでしょうか?

     ただ、立憲民主党、国民民主党ともに、その主な出身母体は民主党、あるいは民進党です。あえて決めつければ、「民進党左派」が立憲民主党、「民進党右派」が国民民主党、といったところでしょうか。共通点といえば、いずれの政党も「人材」ならぬ「人罪」の宝庫である、という点でしょう。

     それでも民進党時代だと、まだ党としての矜持(?)のようなものを維持していて、あまり極端な揚げ足取りばかりすべきではなく、きちんとした政策論争に応じるべきだ、と考えているような議員もゼロではありませんでした。

     しかし、現在の衆議院の最大野党である立憲民主党は、明らかに、大昔の社会党の悪いDNAを受け継いでいます。それは、「どうでも良い問題でひたすら国政の足を引っ張る」ことであり、いわば、「闘争戦術」と言い換えても良いかもしれません。

    「もりかけ問題」とは、


    「安倍晋三(氏)が内閣総理大臣としての地位を悪用して、友人が経営する私立学校に違法な便宜を供与した疑い」


    のことですが、朝日新聞や立憲民主党などが1年半も大騒ぎしている割に、いまだに安倍総理が犯罪を犯していたとする確定的な証拠が1つもでてきていないのです。

     また、「セクハラ問題」とは、財務省の福田淳一事務次官(※4月末で依願退職済み)がテレビ朝日の女性記者にセクハラを働いていたとされる問題ですが、これについても確定的な証拠は何1つとして出て来ていないにも関わらず、野党側は麻生太郎副総理兼財相の辞任を要求。

     要求が聞き入れられないと、今度はゴールデンウィーク前後に野党議員が「審議拒否」と称して勝手に20連休を取得するなどし、野党議員の皆様方は、インターネット上では「国民の敵」という名誉ある称号を得ました。

    ●民進党の自壊と何も学ばない立民

     ただ、この立憲民主党の動きを眺めていると、私が真っ先に思い出すのは、民進党の自壊です。

     今になって思い返せば、ちょうど昨年7月頃に行われた世論調査では、安倍政権に対する支持率が史上最低値を更新していました。もちろん、「もりかけ問題」の影響が大きかったのですが、これに加え、稲田朋美防衛大臣(当時)がマス・メディアによる攻撃の標的になったことも無視できません。

     ただ、その時の最大野党だった民進党は、どういう状況だったのでしょうか?安倍政権に対する支持率が急落しているタイミングをうまくとらえ、総選挙で第一党を伺う勢いだったのでしょうか?

     実は、当時から民進党に対する支持率は史上最低水準にありました。その理由は、何といっても民進党の村田蓮舫(むらた・れんほう、中国名「謝蓮舫(しゃ・れんほう)」)代表の「二重国籍問題」や山尾志桜里議員のガソリン問題、不倫問題などの不祥事が相次いでいたからです。

     実際、確かに2017年7月の東京都議会選挙では自民党が惨敗しましたが、自民党に代わって躍進したのは民進党ではなく、小池百合子・東京都知事が主導した「都民ファーストの会」でした。いわば、小池知事が「台風の目」となった格好です。

     小池知事は、このまま国政新党を作って政権交代を成し遂げるのではないか、との噂もあったのですが、昨年9月に解散総選挙が決定されるやいなや、前原誠司代表は「民進党は衆院選に候補者を立てない」と決断。民進党は自壊したのです。

     ただ、民進党は小池氏が主導する「希望の党」に丸ごと合流しようとしたものの、「排除の理論」で民進党左派が排除されました。そして、「排除された人たち」が作ったのが立憲民主党で、そこからもさらに排除された人たちは衆院選後に「無所属の会」を結成するなど、まさに民進党は四分五裂したのです。

     しかし、そもそも論として民進党がなぜ四分五裂したのかといえば、政策論争もなく、ただひたすら国会審議を停滞させる戦略を取ったからであり、そのことが一般国民から強く嫌われたからにほかなりません。現在の立憲民主党を見ていると、本当に学ばない人たちだ、と思わざるを得ないのです。

    立民こそ排除されるべき

     ところで、少し古い記事ですが、辻元議員の興味深い発言がありました。

    ■辻元氏「参院選でねじれつくる」(2018/06/09-18:18付 時事通信より)

     辻元議員の「武装闘争路線」は徹底しているらしく、時事通信によれば、先月上旬に大阪府高槻市で開いた政治資金パーティの場で、辻元議員は次のように発言したそうです。


    「次の参院選で野党の力をまとめて与党にぶつけ、(衆参両院で与野党が逆転する)ねじれをつくりたい」


     要するに「政権交代の実現」ではなく、「衆参ねじれ」の創出です。

     大阪府高槻市といえば、辻元清美議員の地盤であり、かつ、先月18日の大阪北部地震ではブロック塀が崩れて女の子が亡くなった地元でもあります。いわば、高槻市の市政にはさまざまな問題が隠れているのではないかとの指摘もありますが、さすが辻元議員の地元、といったところでしょうか。

     もちろん、実際に発生しているのは「衆参の与野党のねじれ」ではありません。「衆参の最大野党のねじれ」です。ねじれている理由は、やはり、旧民進党の所属議員の多くが、「武装闘争路線」を掲げる立憲民主党ではなく、「まだマシ」な国民民主党に所属しようとしているからではないでしょうか?

     いずれにせよ、国会とは本来、揚げ足取りをする場ではありません。健全な議論をする場です。ひたすら足を引っ張るだけの野党議員は百害あって一利なしであり、「日本共産党と並ぶ極左政党」である立憲民主党こそが、国会から排除されるべきだと私は思うのです。

     もちろん、国民民主党などの野党にも、さまざまな問題があることは間違いありません。ただ、衆院解散がなかったとしても、来年夏には参議院議員の通常選挙が行われます。このタイミングまでに、より一層、インターネットが普及し、立憲民主党の危険さが国民に浸透することを、私は願っているのです。


    『独立系ビジネス評論サイト 新宿会計士の政治経済評論』
    http://shinjukuacc.com/20180702-03/

    16

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。