«
»

森友学園問題で籠池佳茂氏が野党・左派勢力を非難する理由

 先日、森友学園問題で詐欺罪で逮捕・起訴された籠池泰典氏の長男である籠池佳茂氏がFacebook上で左派勢力を非難し、安倍政権の外交・国防政策への支持を表明しました。これについて多くの左派系の人たちが籠池佳茂氏が「転向」したとして非難をしています。

 こういう的外れな評価をしている方々は籠池一家の皆様と直接話したことがなく(話をしても相手の思想を知ろうともせず)、佳茂氏の過去のFacebookもきちんと読んでいない人が多いのだと思います。

 私は籠池佳茂氏とは一度電話でお話ししたことがあるだけですが、籠池泰典氏とは親しくさせていただいており、泰典氏が逮捕される前日にもお会いしていました。

 籠池泰典氏はかつて安倍政権の支持者ではありましたが、左翼団体「しばき隊」の元幹部である菅野完からのインタビューを受けるなどしていたため、左翼に転向したとの誤解を与えてきました。しかし、私が実際にあった印象では言われているほど菅野完を信頼しているようには感じませんでしたし、左翼的な思考は全くありませんでした。

 逮捕前日には私に「エネルギー安全保障についてどう思う?」と言い、エネルギー安全保障についての持論を語っていました。その時の私はまさか翌日に籠池前理事長夫妻が逮捕されるとは思っていませんでしたが、逮捕される直前まで我が国の国防のことを考えていた人間が左翼であるとは言えないでしょう。

 森友学園問題を追求する左派勢力の皆様からは、この問題で詐欺罪の容疑を認めている籠池夫妻を無理矢理「被害者」に仕立て上げ、安倍政権を強引に「加害者」にしようとしている意図を感じます。そして息子の佳茂氏を勝手に「左翼」の仲間であると勘違いし、本当は「右翼」であったと知って逆ギレしているようにしか思えません。

 こういうと左派勢力の皆様は私のことを安倍政権支持者だとレッテルを貼るでしょうが、誤解を恐れずに言うと私は安倍政権支持者ではありません。

 私は原発反対派ですし、「子宮頸がん予防接種推奨」や「LGBT立法推進」と言った左翼的な政策を掲げる今の自民党は保守政党としての存在意義が問われる状態であると思いますので、“非自民の右派勢力”が政権を握るべきであるというのが持論です。その私の立場から見ても、左派勢力は森友学園問題であまりにも「反安倍」の先入観で行動していたようにしか見えません。

 森友学園問題が浮上してから1年以上たちますが、首相官邸がこの問題に直接関与していたことを示す決定的な証拠は、全く存在しません。またそもそも首相官邸にこの問題の認可に対する権限はありません。

 だから佳茂氏がこの問題を安倍政権批判に利用する左派勢力を非難し、安倍政権のことを擁護するのは全く問題ありません。

 確かに過去に佳茂氏はこの問題で安倍政権を批判することはありました。しかし、それは左派勢力の皆様のように安倍政権が森友学園で「右翼教育」をしようとしたから、ではありません。

 むしろ佳茂氏はかつてからFacebookに「瑞穂の国小学校は神様が創った学校です」と記すなど、森友学園の教育方針を積極的に擁護していました。また、左派勢力が森友学園問題を利用する傾向にあることは常に批判的でした。

 佳茂氏はどうやら森友学園問題では松井一郎大阪府知事の責任が大きいという立場のようです。それが事実かどうかは私は知りませんが、この問題で直接に許認可の権限を持っているのは首相官邸ではなく大阪府であることは、誰の目にも明らかです。

 私は別に維新の会が嫌いだから佳茂氏を擁護しているわけではありません。大阪市長選挙で共産党と共闘した自民党よりも維新の会の方がよほど潔いと思っています。しかし、先入観を排してみれば根拠のない「首相官邸の関与」を妄想する左派勢力よりも佳茂氏の推測の方が真っ当な判断と言えるでしょう。

 さらに言えば籠池佳茂氏を「親不孝」という左派勢力の人間もいますが、佳茂氏はあくまで安倍政権の外交・国防政策を支持しているのであり、安倍首相が籠池夫妻を「しつこい人」等と言ったことまで支持したわけではありません。

 私は安倍政権の外交・国防政策はかなり不十分であるとは思いますが、小野寺防衛大臣の訪米を妨害したり、我が国の安全保障に不可欠な輸送機であるオスプレイの配備に反対する左派系野党は「論外」であると思いますから、佳茂氏の判断がオカシイとは思いません。そもそも、自分たちの考えを佳茂氏に押し付けようとする左派勢力の言動はかなり不愉快に感じます。

 籠池佳茂氏は全く「転向」などしていません。そもそも彼が左翼であったことなど一度もなく、左翼の人間が彼を左翼であると思い込み勝手に逆ギレしているという事を強調させていただきます。

29

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。