■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 渥美 堅持
    渥美 堅持
    イスラーム専門家
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    遠藤 哲也
    遠藤 哲也
    元日朝国交正常化交渉日本政府代表
    蒲生健二
    蒲生健二
    アジア情報ブロガー
    服部 則夫
    服部 則夫
    元ベトナム大使
    石井 貫太郎
    石井 貫太郎
    国際政治
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮塚 利雄
    宮塚 利雄
    北朝鮮専門家
    中澤 孝之
    中澤 孝之
    ロシア問題
    丹羽 文生
    丹羽 文生
    拓殖大学海外事情研究所准教授
    太田 正利
    太田 正利
    外交評論家
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    佐藤 唯行
    佐藤 唯行
    ユダヤ人問題
    渡瀬 裕哉
    渡瀬 裕哉
    早稲田大学招聘研究員
    山田 寛
    山田 寛
    元読売新聞アメリカ総局長

    いい加減にしろ!朝日新聞による報道テロ

    本日(4/10)、朝日新聞が再び「もりかけ」問題で報道テロを仕掛けて来ました。朝日新聞による報道テロには、「いい加減にしろ!」と言いたいところです。

    [朝日新聞による報道テロ]
    もりかけ問題とは形を変えたテロである

    いわゆる「もりかけ問題」とは、


    「安倍晋三(氏)が内閣総理大臣としての地位を悪用し、個人的な友人が経営する学校法人に対して違法な便宜を供与した問題」


    のことです。ただし、国会やマス・メディアが1年以上大騒ぎしている割に、その証拠は一切、出て来ていません。ただ、朝日新聞を中心とするマス・メディアは、少しずつ論点をずらし、


    ・「総理夫人の安倍昭恵氏が森友学園の理事長の個人的な頼みを引き受けていた(疑い)」
    ・「財務省の決裁文書の偽造を政治家側が指示していた(疑い)」
    ・「『総理の意向』という文書を作成したうえで、隠蔽させていた(疑い)」


    など、さまざまな関連報道を針小棒大に報道。挙句の果てに


    「疑惑はますます深まった」


    などと言ってのける始末です。

     私は以前、『【夕刊】森友問題は形を変えた北朝鮮のテロ?』『【夕刊】野党の存在意義はないですね』などの記事でも申し上げましたが、これは国会における憲法改正などの重要課題の議論をさせないために、野党とマス・メディアが結託して日本国に対して仕掛けて来ている、一種の報道テロです。

     このように考えれば、野党とマス・メディアの行動には一貫性があります。要するに、何でも良いから印象操作だけで安倍政権の足を引っ張り、支持率を低下させ、とにかく憲法改正だけは阻止したい、という意向がアリアリと見えてくるのです。

    「慰安婦捏造新聞」こと朝日新聞によるテロ攻撃

     こうした中、ある程度予想されたことですが、朝日新聞が、今度は「もりかけ」問題のうち「加計学園」側で、安倍総理に対するテロを仕掛けて来たようです。

    「本件は、首相案件」と首相秘書官 加計めぐり面会記録(2018年4月10日05時01分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

     今朝(4/10)の朝日新聞に掲載された記事の導入部分は、次のとおりです。

    「学校法人「加計(かけ)学園」が愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画について、2015年4月、愛媛県や今治市の職員、学園幹部が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)らと面会した際に愛媛県が作成したとされる記録文書が存在することがわかった。柳瀬氏が面会で「本件は、首相案件」と述べたと記されている。政府関係者に渡っていた文書を朝日新聞が確認した。」

     要するに、「首相秘書官が『本件は首相案件だ』と述べたと愛媛県が作成した記録文書に記載されていた」というものであり、しかも原本については朝日新聞社が入手したのではなく、「確認した」ということです。

     ただ、朝日新聞としては、「さぁこれで安倍総理が不正に関与していた証拠が出て来たぞ!」とぶち上げ、これにより「疑惑はさらに深まった」と主張する材料ができあがった、とでも思っているのかもしれません。

     しかも、困ったことに、『埼玉県民様から:「日本の広告費2017」を読む』でも申し上げたとおり、新聞、テレビの社会的影響力はいまだに強く、マス・メディアお得意の「部分を切り取る手法」による報道に騙される人たちは、一定数、存在しています。

     「もり・かけ・スパ・防衛省」と、いずれも国政に大きな影響を与えるものではない事件を針小棒大に取り上げ、これによって国政を混乱させ、最低でも改憲阻止、あわよくば安倍総理退陣を図る――。これを「テロ行為」と言わずして、何といえば良いのでしょうか?

    朝日新聞の闇:「確認した」と公務員犯罪
     ところで、先ほどの記事に戻ると、「文書を朝日新聞が確認した」という下りが出て来ます。これを読んでハッと気付くのは、この「確認した」という下りが、次の3月2日付の朝日新聞による「森友関連公文書偽造事件」報道でも出てきた、という点です。


    森友文書、財務省が書き換えか 「特例」など文言消える(2018年3月2日05時20分付 朝日新聞デジタル日本語版より)


     3月2日に朝日新聞が報じた、森友学園への国有地払い下げに係る公文書偽造事件についても、「朝日新聞は文書を確認」という文言が入っています。朝日新聞が文書を偽造していなかったのだとすれば、これは政府内部から朝日新聞の「報道テロ」に協力している内通者がいる、ということです。

     こうしたなか、江田憲司衆議院議員のツイッターへの書き込みにより、大阪地検特捜部の山本真千子部長が機密情報を漏洩するという犯罪に手を染めていた疑いが出てきています(『【速報】江田憲司議員のツイートは議員辞職相当』『【夕刊】山本真千子氏を「容疑者」として逮捕してはどうか?』参照)。

     江田議員のツイートが事実であれば、山本真千子「容疑者」を直ちに逮捕し、取り調べを行う必要があることは間違いありません。ただ、調べていくと、国家公務員が報道関係者に対し、さまざまな機密文書を漏洩している事例はいくらでもあるのです。

     たとえば、「少女買春・違法天下り斡旋」などで有名な前川喜平・前文科省事務次官の場合も、彼の部下だった牧野美穂課長補佐が作成したと考えられる、「総理の意向」とする文書を、朝日新聞社などに持ち込んだことが疑われます。

     このように考えると、官庁の情報管理体質や国家公務員の職業倫理意識については、徹底的に調査を行い、場合によっては叩き直す必要がありそうです。

    [「新党もりかけ」はいかが?]

     ただ、野党やマス・メディアが一生懸命、安倍政権を叩こうとしても、肝心の野党の支持率はまったく伸びていないようです。こうした状況に危機感を抱いているのが、民進党と希望の党だそうで、両党は合併を模索しているのだとか(『【夕刊】政策のない政党をあなたは支持しますか?』参照)。

     政党名についてはこれから決めなければならないのですが、私がいくつか案を考えてみました。

    ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


    ■元祖民主党
    野党の中でもっとも支持率が高い立憲民主党に対抗し、「こちらこそが元祖だ!」と主張してみてはいかが?


    ■ともに民主党
    あなたがたの大好きな某国にも同じ名前の政党がありますけどね。


    ■残党
    いっそのこと自虐路線を行ってみませんか?


    ■適党
    「適当」という単語は悪い意味とは限りませんからね。


    ■新党もりかけ
    やはり私はこの政党名が一番しっくりきますね。


    ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

     朝日新聞を筆頭とするマス・メディア、立憲民主党を筆頭とする反日6野党、財務省・文科省などの官僚組織には、1つの共通点があります。それは、

    「国民の大多数から支持されているわけでもないくせに、権勢を振るおうとしていること」

    です。これに対し、自民党・安倍政権は、間違いなく、国民の多数が民主的に選んだ政権であり、この政権が非民主的な報道テロにより倒れることがあってはなりません。そうなれば、日本の民主主義の敗北です。

     その意味で、「もりかけ問題」とは、朝日新聞による報道テロが勝つか、日本国民の良識が勝つかという、「テロ対民主主義」の戦いなのです。そのことを、改めて強く主張しておきたいと思います。


    「新宿会計士の政治経済評論」ブログより転載
    http://shinjukuacc.com/

    8

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。