«
»

さて、トランプ大統領と会談して何が得られるだろうか

今の段階で日本として出来ることは殆どないはずだと思っているので、安倍総理が訪米してアメリカのトランプ大統領と2日間にわたって会談することになった、というニュースを聞いてもまったく心を動かされない。

トランプ大統領からまた高額なアメリカ製の武器の購入を求められるのだろうな、アメリカと中国の間で始まった本格的な経済戦争に結局は日本も巻き込まれるのだろうな、と思うと、まったく心が晴れない。

米朝会談に釘を刺したり、横槍を入れることは禁物だろうから、安倍総理が出来ることはもっぱら日本の懸案事項にも特別の配慮を、などと最大の婉曲話法を用いての陳情なり要請に留まるだろう。
トランプ大統領との会談後に、どんなに安倍総理が胸を張って、誇らしげに会談の成果を強調してみても、大方の国民は白け切った表情で安倍総理を迎えるはずだ。

日本の総理として米朝会談の前にトランプ大統領と直接会談する、ということ自体は大事だが、会談の成果は何も期待しない方がいい。

今回の訪米で安倍内閣の支持率がさらに好転する、などとは思わないことである。


「早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称早川学校」ブログより転載
https://ameblo.jp/gusya-h/

24

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。