«
»

義理の赤旗購読者は10~15%

木村圭二氏

兵庫県稲美町

 「加古川市役所で100人の購読とは、ずいぶんと廃れたものですね。多い時で300部はあったと思います」

 こう語るのは、加古川市の隣町、稲美(いなみ)町の木村圭二町議(65)である。2015年9月の選挙で8期目の当選。5期まで共産党から出馬し、その後、党を除名となってからは無所属で活動している。

 兵庫県稲美町でも、元職を含む共産町議が少なくとも約30年前から、町役場執務室にいる幹部職員らに「赤旗」購読を勧誘してきた。現在は町長ら特別職を除く課長級以上の幹部職員29人のうち、約8割にあたる23人が私費で購読している(『産経新聞』17年12月19日付より)。

 新人議員時代、「赤旗」拡大が最優先の仕事だったという木村氏。30年前は、ずいぶんと荒っぽい拡大をしたようだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。