«
»

そろそろ細野氏や長島氏の出番ではないのかしら

希望の党が埋没しかかっており、最近は希望の党の代表である玉木さんが立憲民主党の枝野氏に対して野党連携のリード役を懇願しているようなニュースまで聞かれるようになっているが、まあ止めた方がいい。

希望の党のメンバーが立憲民主党に引き摺られるようになったのでは、いざという時に自民党に代わって政権を担いうる、政策中心の穏健保守、改革保守の非自民の受け皿(の核)がなくなってしまう。

今は小池さんの神通力なりパワーが消えてしまったように見えるだろうが、小池さんが一度掻き上げた民衆の声なり民衆のパワーがいつ戻ってくるかも知れない。

希望の党のメンバーが参議院の民進党と組むのは自然の流れだと思うが、立憲民主党と一緒になってしまえば、結局は旧民主党が復活するだけになってしまう。

旧民主党から脱皮するために民進党になり、次いで民進党から脱皮するために希望の党に合流することを決めたはずなのに、ここで立憲民主党に野党連携の旗振りをお願いするようなことになったのでは、元の木阿弥である。
今は苦しくても、結党の原点は見失わない方がいい。

今は支持率が1パーセントぐらいだなどと軽侮されていても、非自民の受け皿になれそうな穏健保守、改革保守の政党は、希望の党ぐらいしか見当たらない。
立憲民主党は、これから益々反自民に走るはずである。
共産党や社民党、立憲民主党が反自民の旗印を掲げてタッグマッチを組むようになると、単に非自民の希望の党の方々は肩身が狭くて、居場所に困ってしまうはずだ。

何故、希望の党が出来たのか。
何故、民進党は希望の党への合流を決めたのか、ということをよく考えられた方がいい。

そろそろ細野さんや長島さんが頑張る時だろうと思う。
お節介ながら。


「早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称早川学校」ブログより転載
https://ameblo.jp/gusya-h/

24

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。