«
»

9条自民両案は折衷可能 篠田英朗氏

篠田英朗氏

伝統維持しつつ改憲を

東京外国語大学大学院教授 篠田英朗氏(下)

安倍晋三首相が表明した自衛隊を憲法9条に明記する改憲の方針をどう評価するか。

 終戦直後の人は唇をかみしめながら、この憲法と一緒に何とか生きていこうとしていたが、冷戦時代の後半ごろから、これは世界最先端の憲法だからアメリカ人を批判するために使おうというように変わった。冷戦が終わると今度は、淡々と憲法と現実のギャップを埋める作業をしていけばよいのではないかとの考えがだんだん広まってきた。それが、国連平和維持活動(PKO)協力法の制定から始まる過去25年ほどで起こってきたことだ。安倍首相の改憲案も、もう遅過ぎるくらいなので現実を反映した憲法を作らないと恥ずかしいという発想だ。

 その姿勢は、私も同意する。ただ、妥協案のように出てきた自衛隊という言葉を9条に入れる案は、テクニカルに言って、私はあまりいい案だとは思っていない。

なぜか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。