«
»

9条2項削除し軍隊明記を 色摩力夫氏

色摩力夫氏

「国防軍」創設へ国民啓発を

元駐チリ大使 色摩力夫氏(下)

安倍首相が9条1項、2項を残したまま、自衛隊を書き込む改憲案を提案しているが。

 自衛隊の明記には賛成だが、問題は具体的な記述の中身だ。2項を残したまま自衛隊を明記しても自衛隊が持つ根本的な問題は解消されない。憲法改正の機会はめったにないので、大局的見地に立つ必要がある。

9条には「戦争放棄」(1項)「戦力不保持」「交戦権否認」(以上、2項)が書かれているが、自衛隊が持つ根本的な問題はどこから生じるのか。

 いわゆる「芦田修正」というのがある。衆議院帝国憲法改正小委員会の委員長、芦田均が2項のはじめに「前項の目的を達するため」という文言を加え、9条を本当の意味の「戦争放棄」「戦力不保持」ではなくした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。