ワシントン・タイムズ・ジャパン

沖縄・名護市長選の勝因は公明党の「根こそぎ作戦」だと分析する文春

◆新潮は“進次郎効果”

 秋の沖縄知事選の前哨戦として重要な意味を持つ名護市長選は新人の渡具知(とぐち)武豊氏が「オール沖縄」で翁長雄志知事らの支援を受けた辺野古移設反対の現職稲嶺進氏を大差で破った。

 週刊新潮(2月15日号)は勝因を「“進次郎”応援が実った」としている。小泉進次郎自民党筆頭副幹事長が「2度も」現地応援に入り、しかも周到に「NGワード」などを外した台本を基に「地元の名産」などを織り交ぜながら聴衆を魅了したことが奏功したという分析だ。

 もちろん、「菅義偉官房長官はじめ党幹部が続々と沖縄に入った上、創価学会もフル稼働。学会幹部が現地に張り付く異例の態勢」を取ったと「自民党関係者」は同誌に語っており、一人進次郎氏だけの“お手柄”だったとは言ってはいないものの、「その影響力は絶大」だったとして、どうしても同誌は“進次郎効果”を強調したいようだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。