«
»

30年度「赤旗」大幅減へ、岡山県庁の政党機関紙購読部数

本紙報道受け日曜版ゼロに

 岡山県庁が、平成30年度予算案の中で「しんぶん赤旗」など共産党系の政党機関紙の購読部数を大幅に削減し、経費をカットする見通しであることが分かった。波多洋治同県議(自民)がこのほど、本紙に明らかにした。

 本紙は昨年7月24日付で、岡山県庁が平成28年度に有料購読している政党機関紙の実態を報道。「しんぶん赤旗」など共産党系が合計82部で、他紙も含めた合計部数の半分以上を占めていたことを明らかにした。82部の内訳は、日刊「しんぶん赤旗」が31部、日曜版が31部、週刊紙「岡山民報」が20部だった。これを受けて9月の定例議会で問題化。知事が「購読の目的や必要性を十分に検証するよう、各部局に指示したい」と語っていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。