«
»

今年こそ憲法改正実現を

300

9条はGHQへの降伏文 自衛隊明記と第2項削除必要

哲学者 小林 道憲

 「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」

 これは、よく知られた日本国憲法第9条の全文である。つまり、憲法9条は〈戦争放棄〉と〈戦力不保持〉と〈交戦権の否認〉によって構成されている。これらの条項を字句通りに読んでいくと、わが国はいかなる戦争もしてはならないし、軍隊も持ってはならないし、交戦権もないと受け取る以外にない。そして、それは、当時(1946年)、この憲法を、敗戦国であるわが国政府に押し付けた連合国軍総司令部(GHQ)側の本音でもあったであろう。憲法9条は、アメリカ占領軍からの敗戦国日本に対する武装解除宣言だったのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。