■連載一覧
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2017/12/21
  • 2017/10/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    議場から赤ちゃん退席、育児中女性議員の強行に呆れる市議会

     11月22日、熊本市の市議会に緒方夕佳議員が生後7カ月の子供を連れて出席しようとしたところ、他の議員から退席を求める声が上がりました。緒方議員が対応に抗議し、議会や議会運営委員会の委員などを交えて話し合いが行われました。その結果、緒方議員は子供を友人に預けて議会に出席することに。市議会は40分遅れて開会しました。

     このことがニュースで伝えられると、ネット上では関心が集まり、賛否両論様々な声が上がりました。

    「子育て中の女性が活躍できるような市議会になってほしい」

     そもそも緒方議員はなぜ市議会に子供を連れてきたのでしょうか。緒方議員は熊本市議会では前例のない、任期中の出産をし、子育て中の女性も議員として活動できる環境を目指していました。妊娠が分かった昨年から市議会に子供を連れてくることができないかどうか、議会事務局に相談をしてきたそうです。しかし、前向きな回答は得られず。議会に子供を連れてくることを事前に申し出ても断られると判断したのか、議長などへ事前に知らせずに子供を抱っこしたまま本会議への出席を試みました。

     熊本市議会の規則では、本会議中はどんな理由があっても議員以外は議場に入ることができないとされています。子供を連れてきた緒方議員は規則に違反したことになるのです。会議を始める前に、議長や議会事務局に囲まれ、子供を退場させるよう促されますが、緒方議員は応じず、話し合いが行われました。結局、「事前の申請なく議場に入ることは認められない」と議長らの説得を受け、友人に子供を預けて議場に戻ることになりました。これによって議事は40分も遅れ、開会の際に議長が議事進行の遅れを謝罪したところ、男性市議から、「おわびする人間が違う」とのやじも飛んだそうです。緒方議員は議会後、「子育て世代の代表として、子どもと一緒に議会に参加して発言できる仕組みを整えるよう、主張したかった。子育て中の女性が活躍できるような市議会になってほしい」と話していました。

     ネット上では、「事前に申し出てもダメに決まっているし、問題を可視化したのは良かったと思います」、「議会中に赤ちゃんが泣こうがほほえましく見守って協力すべきじゃないの? 子育ては社会全体ですることでしょ?」と緒方議員を支持する意見も上がっています。反対に、「一般企業の会議に突然赤ちゃんが来たら誰でもびっくりしますね。市議会はアリって思ったのか?」、「発想はいいと思うけどダメもとでも許可はとろう。職場に赤ちゃん連れてくるって事は周りに配慮しなきゃいけないのに」と、問題提起には理解を示しつつも、強行的な手段に関しては否定的な意見もありました。

    子連れ出勤で、子育て中の女性が本当に活躍できるのか?

     議員には、日本社会の模範となるべき働き方を示してもらいたいと常々思っています。公的な職場で女性が活躍できる環境を整えてもらえると、その他の企業でもそのような環境を整える手本となることができるのではいでしょうか。しかし、子育て中の女性にとって、出産前のように職場で活躍できることが難しい現状です。特殊な職場でないと子供連れで出勤することは難しく、子供中心にならざるを得ない状況を理解して優先してくれる職場はわずかです。

     緒方議員が、子育て中の女性が活躍できる市議会になってほしいと願う気持ちは十分理解できますし、議会から変わっていけば社会にも大きな影響を与えると思います。そのような働き方ができない議会、そして社会に対して、課題を目に見える形で提示してくれました。おそらく緒方議員は子連れでの議会参加は難しいと考えていたのでしょう。議会に自ら抱っこして子供を連れて来たのではなく、友人に抱っこしてもらって議会につれてきてもらっていました。子供の退席を命じられ、また友人に預けることは想定していたのではないでしょうか。課題提示として一種のパフォーマンスのように見える子連れでの議会出席。議長や議会事務局と直接話し合う時間を確保したかったとしたら強行は成功だったといえるでしょう。

     子育て中の女性が活躍できる社会になってもらいたいと思う反面、それ以外の職場の人が協力的でないと、そのような社会は実現できません。子供がいることで仕事や会議に集中できないこともあるでしょう。仕事でイライラしている時に子供が泣き叫んだり、ケンカしたり、おもちゃを持って走り回ったりされたら、仕事をするどころではなくなってしまうこともあるでしょう。せめて、企業や会社が入っているオフィスビルに託児所を設けたり、子連れの社員だけの部屋やスペースを設けたりするなど、工夫がいるでしょう。

     私は在宅ワークで、子供を仕事部屋に連れて来て自分はパソコンの前で作業をしているのですが、おもちゃを与えても飽きてきてしまうのか、それとも近くにいるのに構ってもらえないことが寂しいのか、泣き叫んでしまうことが多々あります。そのたびにあやしたり、相手をしたりしないといけないので、まともに仕事ができません。午前中だけでも誰かに子供を預かってもらいたいと思ってしまいます。自宅でもそう思うのに、職場に子供を連れて行くと周りの社員に気を遣って仕事どころではなくなってしまう恐れもあります。職場に子供を連れて行くことで子育て中の女性が活躍できるという構図は果たして成り立つのか疑問に思うこともあります。

     子連れでの出勤はメリットデメリットがあるでしょう。他の社員への配慮も必要になってきます。子供がいることで癒されるというメリットもあるでしょうが、誰にも構ってもらえず、一人遊びをできる子供はいません。誰かが面倒を見ていないと一緒に職場に連れてくることで、子供にとってもデメリットになることもあるでしょう。子育てと仕事の両立、少子化対策と女性の社会進出の問題は本当に課題がまだまだたくさんあります。緒方議員の子連れ議会出席の騒動を通して、日本社会全体で考えていくべき内容だと思います。

    7

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。