«
»

枝野革マル新党は悪魔の証明を出来るのか!?

 私は、立憲民主党を『革マル新党』と呼ぶことを提唱しています。それは立憲民主党の設立資金が、革マル派から出ている疑いが消えないからです。そんなことは初耳と言う人が、ほとんどだと思いますが、それを推測させる事実はあります。
 立憲民主党の枝野党首は、1996年に衆議院議員選挙に立候補した際、JR東労組大宮支部の執行委員長あてに、「JR総連及びJR東労組の掲げる綱領(活動方針)を理解し連帯して活動します」という覚書を差し出しています。

 では、そのJR総連、あるいはJR東労組とはどういう組合かというと、1999年に公安調査庁が『回顧と展望』によれば、「JR東労組の本部・地本大会で革マル派系労働者多数が執行部役員に就任し、浸透が一段と進んだ」ような組織です。このことは公安調査庁だけでなく、警察庁、さらには同じくJRの労働組合であるJR連合(日本鉄道労働組合連合会)も主張しており、ほぼ間違いありません。

枝野幸男党首のTwitterより

枝野幸男党首のTwitterより

 また、政治的主張も革マル派と立憲民主党は瓜生辰です。
普天間基地の辺野古移設には革マル派は一貫して反対していますが、立憲民主党も革マル派同様に辺野古移設に反対です。同盟国である米軍のヘリが墜落炎上した時には、革マル派はそれに乗じて事故を弾劾しましたが、立憲民主党も革マル派と歩調を合わせるように米軍を非難しました。原子力発電の再開について革マル派は、原子力規制委員会の「適合」判断を弾劾しましたが、立憲民主党に所属する政治家たちも、革マル派同様、原子力発電再開に反対した人ばかりです。

 政党を造るにはそれなりにお金がかかります。物的証拠はありませんが、党首が忠誠を誓った組織が革マル派に牛耳られている、政治的主張が革マル派の主張の焼き写し、という2点を考え合わせるならば、総選挙の投票日直前に革マル派からなにがしかのお金が立憲民党設立のために渡ったのではないかという疑いは残ります。立憲民主党が「我が党の設立には革マル派のお金など1円足りとも流れていない」というのならば、それを証明して欲しいと思います。

 さて、枝野氏とJR労組の関わり、JR労組が革マル派に牛耳られている、革マル派と立憲民主党の政治的主張が類似していることは事実ではあるが、流石に私も立憲民主党の設立資金が革マル派から出ているなどとは本気で思っていません。
 では、なぜこのような難題をふっかけるのかといえば、朝日新聞や地上波TVが騒ぎ、民進党や共産党、立憲民主党が追求している「モリカケ問題」とやらが、これよりも酷い因縁だからです。状況証拠だけで「怪しい」と決めつけ、無実の証明を強いるということは、どう考えても理不尽である。それを先の国会で延々と行い、税金を無駄にしたのが彼ら左翼系野党です。まだ、国会でやりたいと言うのならば、少なくとも「立憲民進党は革マル派新党ではない」という悪魔の証明に成功してから行ってほしいと思います。

『自治労の正体』(扶桑社新書)森口朗著

『自治労の正体』(扶桑社新書)森口朗著

 現実的に財力を考えると、立憲民主党のスポンサーは、自治労が牛耳る連合になる可能性が最も高いでしょう。それが巻き起こす問題を知りたい方は是非、11月2日に発売した拙著『自治労の正体』(扶桑社新書)をご高覧ください。

28

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。