«
»

豪シドニーで路面埋め込み型信号が登場

「歩きスマホ」に伴う事故防止が狙い

豪シドニーで路面埋め込み型信号が登場

オーストラリアの交差点に設置された路面埋め込み型信号=3月31日、シドニー(時事)

 オーストラリアの最大都市シドニーに、下を向いている人に「赤」だと知らせる路面埋め込み型の信号が登場している。スマートフォンを歩きながら操作する「歩きスマホ」に伴う事故防止が狙い。

 現地メディアによると、シドニーがあるニューサウスウェールズ州では昨年、事故で歩行者74人が死亡し、前年比で2割増えている。歩きスマホを含め対策強化を求める声が高まった。

 州当局は歩きスマホをしないよう呼び掛けているが、根絶は難しい。そこで「歩行者の安全を確保する仕組みが必要」と考え、次善の策として埋め込み信号を試行し、効果を確かめることを決めた。予算は38万豪ドル(約3200万円)。

 埋め込み信号は、繁華街にある数カ所の交差点に設置。赤のみ点灯し、通常の信号機が青になると埋め込み信号は消灯する。同様の信号は、ドイツ西部ケルンなどでも試験導入されている。(シドニー時事)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。