«
»

宮崎県立美術館、伊東マンショの肖像画を公開

天正遣欧少年使節の正使、日伊国交樹立150年を記念

宮崎県立美術館、伊東マンショの肖像画を公開

 宮崎県立美術館(宮崎市)は、1582年から渡欧し、ローマ法王らに謁見(えっけん)した天正遣欧少年使節の正使、伊東マンショの肖像画の展覧会を開催中だ。

 2014年にイタリアで発見されたもので、同国と日本の国交樹立から今年で150年になるのを記念し公開が実現した。10月16日までで、入場無料。

 伊東マンショは1569年ごろ、現在の宮崎県西都市で生まれた。肖像画は2014年にイタリアの財団が所有する絵を調査したところ、存在が確認された。美術館では、長崎歴史文化博物館が所蔵する別の肖像画や、少年使節に関する史料なども公開している。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。