«
»

五輪旗が東京に到着、羽田空港で歓迎式

五輪旗を一般公開、20年東京大会の開催準備を本格化

五輪旗が東京に到着、羽田空港で歓迎式

リオデジャネイロから帰国し、タラップで五輪旗を振る小池百合子東京都知事=24日午前、東京・羽田空港

 リオデジャネイロ五輪の閉会式で小池百合子東京都知事が受け取った五輪旗が24日午前、東京・羽田空港に到着した。同空港では、五輪旗とともに帰国した小池氏や日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長、リオ五輪選手団らを関係者が出迎え、五輪旗到着の歓迎式を開いた。

 小池氏は五輪旗を一般公開する考えを示しており、具体化の検討に早速取り掛かるなど、2020年東京大会の開催準備を本格化させる。

 およそ半世紀ぶりに東京の地に降り立った五輪旗。午前11時半ごろ、「オリンピックマーチ」が流れる中、白のジャケットに赤いシャツ姿の小池氏がチャーター機から姿を見せ、タラップで旗を左右に大きく振ると、出迎えた関係者が日の丸の小旗をはためかせながら歓声を上げた。

 歓迎式のあいさつで、小池氏は「都民、国民の皆さま方とともに開催機運の盛り上げを加速させたい。私もその先頭に立っていく」と決意表明した。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。