«
»

400リレー「銀」、個の走力と伝統の技術が結実

バトン完璧、アジア新、日本チーム狙って獲得

400リレー「銀」、個の走力と伝統の技術が結実

陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得し、電光掲示板の横でポーズを取る日本チーム。左から山県亮太、飯塚翔太、ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀=19日、リオデジャネイロ(代表撮影・時事)

400リレー「銀」、個の走力と伝統の技術が結実

陸上男子400メートルリレー決勝、第3走者の桐生祥秀(左)にバトンを渡す飯塚翔太=19日、リオデジャネイロ(代表撮影・時事)

400リレー「銀」、個の走力と伝統の技術が結実

陸上男子400メートルリレー決勝、1位でゴールするジャマイカのボルト(中央)と2位のケンブリッジ飛鳥(左)=19日、リオデジャネイロ(EPA=時事)

 世界を驚かせる4人の快走だった。男子400メートルリレーに「史上最強」のメンバーで挑んだ日本が、強豪国と真っ向勝負を挑んで銀メダル獲得の快挙。2008年北京五輪の銅を超え、日本陸上界に新たなページが加わった。

 築き上げてきたバトンパスの技術に、4人の走力がかみ合った。1走の山県が予選より反応鋭く飛び出し、2走の飯塚につなげる。「アドレナリンが出た」という4人の中で最年長の25歳はジャマイカのブレークらとほぼ互角の勝負を演じ、100メートルで日本勢現役最速タイムを持つ3走の桐生へ。予選でも曲線走路で好走した桐生がここでメダル争いのライバル中国を突き放し、ジャマイカとほぼ並んでアンカーへバトンを渡した。

 命運を託されたケンブリッジは「3人が完璧な位置で持ってきてくれたので、絶対にメダルを取るぞという気持ちだった」。隣のレーンを走った王者ボルトには貫禄の走りを見せつけられたが、金メダル候補でもあった米国(失格)をわずかに抑え、カナダの追走もかわして2番手を死守。歓喜のゴールへ飛び込んだ。37秒60。予選のタイムをさらに0秒08塗り替えるアジア新記録が、日本の真の強さを表した。

 バトンをもらう選手が手のひらを地面に向け、渡す側がバトンを下から上に差し込む「アンダーハンドパス」は日本のおはこ。次走者の加速を生かせる特長を生かし、4人が力を出し切った。

 「がむしゃらに走った。最高の日になった」と桐生が言えば、山県は「歴史をつくれてうれしい」。今大会、個人種目で持ち味を十分に出せなかった短距離陣が、最後に大きな成果を挙げた。(時事)

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。