«
»

黄金色に輝くスズキが大阪市場でお目見え

和歌山・雑賀崎沖で漁獲、ベテラン競り人からも驚きの声

黄金色に輝くスズキが大阪市場でお目見え

和歌山県から大阪市福島区の中央卸売市場に入荷した全身が金色の珍しいスズキ=18日午前(卸会社「うおいち」提供)

 大阪市中央卸売市場(福島区)に18日朝、全体が金色に輝く珍しいスズキ1匹が入荷して話題となった。

 このスズキは和歌山県の雑賀崎沖で17日に漁獲されたもので、重さは約1・5キロ。

 スズキの体色は背が黒く腹が銀色なのが一般的なため「こんな色は初めて見た」と同市場のベテラン競り人からも驚きの声が上がった。

 卸値は2200円と普通のスズキよりやや高値が付いた。

 金色の珍しい魚はこれまで、2012年に東京・築地市場(中央区)にサンマが入荷して注目されたが、スズキで見つかったのは今回が初めて。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。