«
»

「くまモン」が全身で熊本城の復活を誓う

東日本大震災で損傷の福島県白河市の小峰城を訪問

「くまモン」が全身で熊本城の復活を誓う

修復された小峰城の石垣の前でポーズを取るくまモン(左)。右は福島県白河市の鈴木和夫市長=20日午後、同市

 熊本城、絶対復活させるんだモン-。熊本県公認キャラクター「くまモン」が20日、東日本大震災で損傷した福島県白河市の小峰城を訪問した。鈴木和夫市長が小峰城の修復状況を説明し、「熊本城も長い時間がかかると思うが、天下の名城なので修復してほしい」と励ますと、くまモンは全身で熊本城復活への思いを表現した。

 4月に発生した熊本地震で、熊本城は石垣が崩れたり一部の建物が倒壊したりする甚大な損傷を受けた。鈴木市長が小峰城修復の経験を生かして助言する考えを伝えると、くまモンは「おうえんサンくま!」とスケッチブックに書いて感謝した。

 江戸時代の寛政の改革で知られる松平定信が居城としていた小峰城は2011年の震災で、石垣から約7000個の石が崩落するなどの被害が出た。震災から5年が経過しても続く修復は、震災前の写真と照合して一つ一つの石の位置を割り出し、元通りに積む地道な作業。完了は18年度末の見通しだ。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。