«
»

京料理が「おもてなし部門」のグランプリ

日本人初、仏「国際ガストロノミー学会」

京料理が「おもてなし部門」のグランプリ

国際ガストロノミー学会のグランプリを受賞した「一子相伝なかむら」の中村登代子女将=18日午後、東京都渋谷区の国連大学

 食文化の保護と発展を目指す「国際ガストロノミー学会」(本部フランス)は18日、京料理店「一子相伝なかむら」(京都市)の女将を務める中村登代子さんに、「おもてなし部門」のグランプリを授与した。日本人のグランプリ受賞は初めて。

 なかむらは京懐石の伝統を受け継ぐ高級店で、飲食店の格付け本「ミシュランガイド」でも三つ星の評価を受けている。中村さんは「ただ一生懸命にしてきたことが、このようになっていいのかと思っている。どうしていいか分からないぐらいうれしい」と喜びを語った。

 ガストロノミーは仏語で「美食学」を意味する。グランプリは1990年に始まり、今年で25回目。これまでにフランス料理のアラン・デュカス氏ら世界的な料理人が受賞している。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。